ポートレート

夏です、浴衣です、ポートレートです

DSC_0673

全国的に夏です。夏と言えば浴衣です。CoCo壱のカレーでいうとチキン煮込みカレーであり、大戸屋でいうとチキンかあさん煮定食であり、モスバーガーでいうとテリヤキチキンバーガーであるわけです。つまり夏の浴衣は間違いないんです。(鶏肉大好きです)

今回、大変ありがたいことに浴衣で撮りましょうとお声がけいただきまして、D810とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの重量級コンビで撮影に行ってまいりました。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRでポートレート

DSC_0536

先日買ったばかりの新レンズ、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRをフル活用。このところポートレートは58mmばかりで撮影していましたので、24mm付近がめちゃめちゃ広く感じて撮り方に迷います。

今回改めて実感しましたが、広角で撮るポートレートも楽しいですね。自分は寄りで撮ってしまうことが多いので、引きで撮ることをもっと意識して練習しないとです。

DSC_0630

撮影させていただいたのはお久しぶりのあさみさん。前回の撮影は真冬でしたので約半年ぶり。今回着用されている浴衣はレンタルではなく、帯なども含めすべて自前とのことで、高かったんだろうなぁ…と思いながらシャッターをきっておりました。

少々固さを感じる背景ボケ

DSC_0737

D810の広いAFエリアと、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの爆速AFで、ピントがビシビシ合うのは撮影していて気持ちいいですね。撮影後にパソコンでデータを見てみると、背景のボケは少々固い印象を受けます。特にごちゃついた背景だと余計にそれが目立つような。

様々な場面で万能に対応できるスペックを持ったAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRですが、描写の上品さではやっぱりAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gが1枚上回ります。写真をどう仕上げるかによってレンズを選ばないとです。

DSC_0435

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRは強力な手振れ補正を搭載しているので、暗めの場所でもISO感度を上げないまま撮影…しているつもりでしたが、手振れ補正のスイッチがOFFのままであることに気づいて途中でスイッチON。まだこのレンズに慣れておりません…

この日はAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gでも撮影をさせていただきまして、そちらは後日改めてアップしたいと思います。

あなたのパソコン、サックサクですか?
パソコンにイライラしている男性
「パソコンが遅い・・・」

とRAW現像やレタッチ中に不満を感じたことはありませんか?

今のパソコンにストレスを感じているなら、クリエイター向けパソコンがおすすめ。

たとえばマウスコンピューターのDAIVなら、CPUやメモリ、ストレージ、Officeの有無など、用途や予算に合わせてカスタマイズ可能。

Adobe RGB比100%の4Kディスプレイ搭載モデルもラインナップ。

PhotoshopやLightroomがサックサクで、作業が快適に進みますよ。

近いうちにパソコンの買い換えを考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細ページ公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。