ポートレート

マンフロットの背景紙サポートシステムを使って室内ポートレート撮影

室内ポートレート撮影

室内に背景紙サポートシステムを組んで、モノクロのポートレートを撮影させていただきました。

使用したのはマンフロットの1314Bという商品。組み立ても簡単で、ぐらつくこともありません。はじめは戸惑いましたが、慣れてくると5分もあればセッティングできますね。持ち運びは…ちょっと重い…

ただの会議室でもスタジオっぽい雰囲気で撮影できるようになるので、とても気に入っています。

Amazonで購入した黒の背景布

黒の背景布を使用

この日も安く借りられる会議室を簡易的なスタジオとして使用。机や椅子を片付けて、背景布やライティング機材をセッティングです。

背景布に使用したのは、Amazonで購入した撮影用の真っ黒の布。2,300円くらいで購入したのですが、さっき確認したら1,500円くらいになってました…なんでや…

ほかの安い商品のように薄く光に透けやすいことはありません。

とAmazonの説明に書いてありますが、撮り方を工夫しないとがっつり透けます。笑

サイズは1.8m×2.8mで、バストアップの撮影ならまったく問題なく使える大きさです。身長が高めの人の全身写真を撮るのは少しつらいかも。

58mmf1.4Gを使用

撮影機材はD810とAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gの定番コンビ。露出はISO感度64で絞りはf/2.0、シャッタースピードは1/100に設定しています。ND8のNDフィルターも使用しています。

いつも同じような露出で撮影していますが、どうしてもこの露出に戻ってきてしまいます。特に58mmの絞りは、f/1.8ではふわふわ感が強く感じるし、f/2.8まで絞ると固く感じてしまう。

ライティングはグリッド付きのソフトボックス1灯をメインに、ホワイトアンブレラ1灯をサブとして使用です。発光量はその都度微調整しているため、ストロボの設定は覚えていません…

質感を加えるレタッチを模索中

レタッチ模索中

今年のテーマのひとつとして考えているのが、肖像画としてのポートレート。絵画のような質感を表現してみたいと、レタッチの方向性も模索中。色々と挑戦です。

今回撮影させていただいたのは凛さん。ポートレート撮影の経験が豊富で、HASEOさんのトークショーを見に行かれたりしているそう。顔の角度や目線など、こちらから細かくお伝えせずともビシバシと決めてくださるのはさすがです。

凛さん、撮影の機会をいただき、ありがとうございました。

あなたのパソコン、サックサクですか?
パソコンにイライラしている男性
「パソコンが遅い・・・」

とRAW現像やレタッチ中に不満を感じたことはありませんか?

今のパソコンにストレスを感じているなら、クリエイター向けパソコンがおすすめ。

たとえばマウスコンピューターのDAIVなら、CPUやメモリ、ストレージ、Officeの有無など、用途や予算に合わせてカスタマイズ可能。

Adobe RGB比100%の4Kディスプレイ搭載モデルもラインナップ。

PhotoshopやLightroomがサックサクで、作業が快適に進みますよ。

近いうちにパソコンの買い換えを考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細ページ公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。