ポートレート

モノブロックストロボ2灯でモノクロポートレートのライティング

モノブロックストロボ2灯でモノクロポートレートのライティング

スタジオを借りてポートレートを撮影してきました。モノブロックストロボやライトバンクが常設されていて、費用もお手頃。何度か利用させていただいているお気に入りのスタジオです。

今までたくさんポートレートを撮影させていただきましたが、2016年を一つの区切りにします。2017年からは新しい作風に挑戦。その第一歩となる撮影ができました。モデルはりりさん。

目指すのはPortrait

モノブロックストロボ2灯でモノクロポートレートのライティング

たくさん撮影してきたからこそ気づけたことですが、自分が撮りたいのはあくまで肖像画としてのPortraitなのです。

「ポートレート」と「Portrait」は一緒やないか。と思われるかもですが、Google画像検索でそれぞれを検索すると、まったくの別世界が広がります。要は海外で主流のPortraitに作風を近づける努力をしていきます。

お散歩スナップはもう卒業です。

モノブロックストロボ2灯でモノクロポートレートのライティング

2016年はストロボを学ぶ年にすると決めて、新しい機材を買ったり色々と挑戦をしてきました。2017年はストロボを使って、作品を仕上げていく年にします。モノブロックストロボの扱いにもだいぶ慣れてきました。

ポートレート作品をモノクロで仕上げるのも初めての試み。カラー写真と白黒写真はまったくの別物と言われますが、最近になってようやくその意味を理解できるようになりました。レタッチの精度もジリジリと上げていきます。

モノブロックストロボ2灯でモノクロポートレートのライティング

この日、D810をMacBook Proにつないでテザー撮影をしていたのですが、終了後の処理がまずかったのかExifのデータが全部吹き飛びました…設定は覚えていたので大きな問題はないものの、データの扱いにはもっと慎重にならねばです。

ちなみにほとんどのカットをSS1/160、f/2.0、ISO64、NDフィルターも使用して撮影しました。モノブロックストロボは2灯とも1/32あたりで微調整。

夏にかけてメインの仕事が忙しくなるため、作品を仕上げる頻度は少し落ちることになりそうですが、挑戦と失敗を繰り返して少しでも前に進めるようにもがいてみます。

あなたのパソコン、サックサクですか?
パソコンにイライラしている男性
「パソコンが遅い・・・」

とRAW現像やレタッチ中に不満を感じたことはありませんか?

今のパソコンにストレスを感じているなら、クリエイター向けパソコンがおすすめ。

たとえばマウスコンピューターのDAIVなら、CPUやメモリ、ストレージ、Officeの有無など、用途や予算に合わせてカスタマイズ可能。

Adobe RGB比100%の4Kディスプレイ搭載モデルもラインナップ。

PhotoshopやLightroomがサックサクで、作業が快適に進みますよ。

近いうちにパソコンの買い換えを考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細ページ公式ページ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。