読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

85mmの単焦点レンズは程よい焦点距離で猫フォト撮影と相性よし

DSC_5319

護国寺で猫フォトを撮ってきたシリーズ最終回です。

石段の上で毛づくろいしている猫が一匹。背後にもう一匹いるんですが、気持ちよさそうに昼寝中です。この日は天気も良かったので、さぞ楽しい夢でも見ていたんでしょうな。

今回、AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gで猫フォトを撮ってきたのですが、これが抜群に使いやすかったんです。

AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gは猫フォトと相性抜群

DSC_5322

AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gは所謂中望遠の単焦点レンズで人物撮影には使い勝手が良いものの、スナップ撮影では使い辛さを感じていました。実際、今回も建物の撮影にはなかなか苦戦しました。

先日、こんな記事を書いたばかりでした。

85mmの焦点距離を使いこなせる腕が私にはまだ無い - すけこむブログ85mmの焦点距離を使いこなせる腕が私にはまだ無い - すけこむブログ

画角が狭いため、巨大な建物を撮るには不向きではありますが、猫を撮る上ではある程度の距離をとったまま撮ることができるので、かなり便利でした。

35mm版換算で28mmの広角レンズを付けたGX1も持参していましたが、相当猫に近寄らないと欲しい画が撮れない。野良猫なので、あまり近づきすぎると警戒されて逃げられてしまう。

猫と絶妙な距離を保ちながら背景ボケを活かした画が撮れる

DSC_5323

ペロっと舌を出した瞬間を撮れて大満足の私。

水平をとるのが下手くそなので、Lightroomで傾きは補正していますが、トリミングはほとんどしていません。このとき猫との距離は2メートルくらいはあったかと思います。

絞り開放でもヒゲの一本一本がしっかり解像しているのが嬉しいところ。今回は試していないのですが、少し絞ると、もっとシャープに撮れるんだろうなと思います。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡなどの神レンズがあれば、もっと離れた距離からとろっとろの背景ボケを作りつつ、猫を撮ることができると思いますが、20万円を越えるレンズなんて、そう簡単に買えないのですよ。。

なんならAF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VRⅡで猫フォト撮影ができれば最強でしょうな。50万円・・・

猫を追いかけて85mmの焦点距離をものにしたい

DSC_5325

いまいち使いこなせていなかった、AF-S NIKKOR 85mm f/1.8Gの活躍の場を見つけたことと、猫を撮ることの楽しさと難しさを知ってしまったこともあり、しばらくは都内の猫スポットを巡ってみようかと考えております。

谷中銀座にもリベンジせねば・・・

猫の写真を撮りたくて谷中銀座に行ってみたけど猫が一匹もいなかった件 - すけこむブログ猫の写真を撮りたくて谷中銀座に行ってみたけど猫が一匹もいなかった件 - すけこむブログ

舌ペロだけではなく、猫が飛び跳ねる瞬間や、あくびの瞬間などをぱしぱし撮ってみたいのです。駆けまわる猫を流し撮りするのも面白そうですな。

東京や埼玉、その他近県で猫がたくさんいるスポットをご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひともご教示いただけますと幸いです。