レビュー

PUBGのねんどろいど|The Lone Survivorレビュー

ねんどろいど The Lone Survivor

物撮りの練習、という名目でフィギュアを買いました。

以前から気になっていたPUBG(PLAYER UNKNOWN’S BATTLE GROUNDS)のねんどろいど、The Lone Survivor。

どんなフィギュアなのか簡単にレビューします。

The Lone Survivorの概要

ねんどろいどを買ったのは今回がはじめて。

以前から「かわいいな」「欲しいな」とは思っていましたが、ちゃんと撮れる環境がなかったので諦めていました。

パッケージはご覧の通り。

ねんどろいどパッケージ表
ねんどろいどパッケージ裏
ねんどろいどパッケージ斜め
ねんどろいどパッケージ斜め

「PUBGって何なの・・・?」

という方もたくさんいそうですが、PUBGは最近流行りのバトルロイヤルゲームの元祖といわれている世界的に有名なゲーム。

100人がひとつの島に降り立って、最後の1人(1チーム)になるまで戦い続けるという何とも物騒なゲームで、世界規模の大会も開催されています。

私はSteam版も持っていますが、スマホ版のPUBG MOBILEに一時期めっこりハマりまして。

今回購入したねんどろいどは、PUBGに登場する男性キャラクターを二頭身フィギュア化したものです。

本体と付属品

付属品一式

付属品は写真の通り。

差し替え用の手が3種類と、武器も3種類。

ゲームには登場しない丸焼きチキンも入っていました。

ねんどろいどは頭でっかちで自立できないため、専用台座も付属しています。

可動範囲や各種ポージング

まずは全身をグルっと撮影しました。

正面図
側面図
背面図

ヘルメットの傷やへこみも細かく再現されていて笑えます。

二頭身のフィギュアなので可動範囲はそれなりですが、そこそこポーズをつけられますね。

ポージングの例

ハンドガンを持った様子

フライパンで戦うポーズ

ヘルメットの中身はイケメン仕様。

ヘルメットを開けた状態

ドン勝(最後の1人に生き残ること)したときに表示される、「Winner Winner Chicken Dinner!!」のプレートを使うとこんな感じ。

Winner winner chicken dinner

「頑張ったから今夜はご馳走だぜ!」

みたいなニュアンスなんだと思います。

チキンを料理する例

日本版だと「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」と表示されるので、丸焼きチキンではなくカツ丼を付属すればよかったのに。

ほふく前進ポーズ

少々無理やり感はありますが、ほふく前進ポーズもできます。

PUBGファン必見のフィギュア

ねんどろいど The Lone Survivor

はじめて購入したねんどろいど。

PUBGのことを知らない方には1ミリも魅力が伝わらないと思いますが、PUBGファンなら机に飾っておくだけでニヤニヤしてしまう可愛さ。

フィギュアとしての完成度も非常に高く、とても気に入りました。

物撮りの練習用モデルとして、ちょこちょこ活躍してもらいます。

\当サイト限定キャンペーン実施中!/

Amazonギフト券キャンペーン

キャンペーンの詳細はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。