子育て

風呂上がりの2才児にパジャマを着せることの難易度が高すぎる

風呂上がりの2才児にパジャマを着せることの難易度が高すぎる

風呂上がり、2歳の娘がすんなりパジャマを着てくれません。まだ髪が濡れている状態なのに、ベッドに向かって全力疾走。そして羽毛布団へダイブ。なんとかオムツは履いてくれるものの、日によってはオムツすら拒否して全裸で家中を駆け回ってる。

オムツやパジャマを持って私や妻に追いかけられるのが楽しいみたいで、ニコニコしながら「タスケテー!!タスケテー!!」と叫びまわってます。どこでそんな言葉を覚えてきたのか。このところ毎晩、お風呂から出たら娘にパジャマを着せるための戦争です。

ドライヤーからも逃げ回る娘

風呂上がりの2才児にパジャマを着せることの難易度が高すぎる

風邪をひかれると大変なので、濡れた髪も早くドライヤーで乾かしたいのですが、これまたいうことを聞いてくれません。以前はスマホで娘の動画を見せてあげると、ドライヤー中はおとなしくしていたのですが、最近はそれも通じなくなってきました。

とにかくお風呂から出たら、しばらく家中を駆け回って、満足行くまで布団にダイブしないとダメみたい。布団が濡れるので勘弁してくださいよ、娘さん…

15分くらいは全力で格闘

風呂上がりの2才児にパジャマを着せることの難易度が高すぎる

ひとしきり遊んで気が済むと、すんなりパジャマを着てくれることがわかってきたので、最近はこちらも全力で遊んであげるようにしています。暖房の付いた部屋ではしゃぎまわっていれば、湯冷めして風邪を引くこともないかな…と。

「パパ、ミテテネー!」と布団へダイブするときは、わざわざ声をかけてくる娘。毎晩15分から20分くらい、体力が無限の2才児と遊ぶのはしんどさもありますが、こういった時間も大切ですよね。私と遊んでくれるのも今の時期だけでしょうし。

そして今夜もパジャマを着せるための戦いへ

風呂上がりの2才児にパジャマを着せることの難易度が高すぎる

最近は娘の写真を撮っていると、「チョット!ミセテクダサイヨー!」とカタコトの日本語で写真を見せろと要求してきます。自分が写っている写真を見ては「ナニコレー!!」と、パンツ一丁でケラケラ笑ってます。いいから早くパジャマを着てくれ。

日に日におしゃべりも上手になってきて、もう少しすんなり言うことを聞いてくれると助かるのですが。きっと今夜も、娘とのパジャマを着せる戦いが待っているのだと思います。負けないように頑張ります。

七五三の撮影、もう予約しましたか?
七五三の撮影
せっかくの七五三、キレイな家族写真を残しませんか?

スマホで撮れる写真には限界がありますし、家族全員で撮るのは三脚の準備とかいろいろ大変。

一生に一度の七五三、ちょっと贅沢して出張撮影を頼んでみてはいかがですか。

例年、七五三の撮影は9月頃から徐々にピークを迎えます。

直前になって探しはじめても、人気のカメラマンは予約でいっぱい・・・

9月や10月に七五三を予定しているなら、今からカメラマンを探し始めないと間に合いませんよ。

ちなみに、私もカメラマンとしてこっそり登録していますので、よろしければ探してみてください。

詳しく見てみる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。