風景

巾着田の曼珠沙華!日本一の彼岸花群生地で秋を堪能

red spider lily

埼玉県は日高市、巾着田に彼岸花を見に行ってきました。曼珠沙華(マンジュシャゲ)という名前は彼岸花の別名らしいですね。英名だとred spider lilyというんだとか。なにそれカッコよすぎ。

巾着田の曼珠沙華はカメラを始めてすぐのころから知っていて、いつか絶対行きたいと思っていたのです。今年のシルバーウィークに一人で行こうと計画していましたが、運よく家族のお出かけで近くまで来る機会があり、嫁と娘も一緒に見に来たのでした。

巾着田曼珠沙華公園の圧巻ぶりよ

red spider lily

彼岸花が群生しているとは聞いていましたが、きっと一部分にわさわさと咲いているんだろうなと予想していました。ところがどっこい、群生のしかたが半端ない。あたり一帯が彼岸花だらけ。ちょっと恐怖を感じるくらいに彼岸花まみれ。

日常生活の中でこれだけ自然の赤色に囲まれることってなかなかありません。しかも彼岸花って毒を持っているらしく、ますます恐怖ですよ。

red spider lily

毒と言っても花に触れる程度なら問題ないようで、球根にアルカロイドという毒が含まれているそう。日本だと火葬が一般的ですが、土葬が多かった時代に害虫などの被害を防ぐために植えられていた花なんだとか。だから彼岸花という名称にもなったんですね。

じゃあ巾着田にこれだけたくさんの彼岸花が植えられているというのは・・・つまりそういうことなのでしょうか。調べてみましたが、どこにもでてきませんでした。背筋ぞわる。

入場料のなぞ

red spider lily

公園への入園料は1人300円。ただ8:30~17:00に入場する場合のみ徴収されるようで、その時間帯を外せばフリーで入れるみたいです。私たちは17時ちょっと前に到着して入場料をお支払して花を見ていたんですが、帰る頃には受付の方たち完全に撤収・・・

ただ17時で公園内の出店が閉店になるようで、お祭りとして楽しみたいのであれば8:30~17:00の間に来たほうがよさそうです。単に写真が撮りたいだけなら早朝や17時以降に来た方が人は少なくていいかも。日没後の撮影はかなり恐怖だと思いますが。

異空間を味わえる秋のお祭り

red spider lily

初めての曼珠沙華祭り、ちょうど開花のピークに来ることができて大満足でした。家族で来ていたこともあって、あまり撮影に時間をとれなかったので来年は一人で来て思い切り撮影を満喫しようと思っております。

巾着田へは西武池袋線の高麗駅から徒歩15分、秋のハイキングには程よい距離ではないでしょうか。私たちは車で来たのですが、駐車場代は500円。時間帯によってはかなり混むみたいです。

公園近くには彼岸花だけではなかく川も流れていたり、馬やポニーもいたりで子どもたちが遊べる場所もたくさん。出店もたくさん出ていて家族で楽しめる場所でした。さて、来年は曼珠沙華をどんな風に撮りましょうか。今から楽しみです。

あなたのパソコン、サックサクですか?
パソコンにイライラしている男性
「パソコンが遅い・・・」

とRAW現像やレタッチ中に不満を感じたことはありませんか?

今のパソコンにストレスを感じているなら、クリエイター向けパソコンがおすすめ。

たとえばマウスコンピューターのDAIVなら、CPUやメモリ、ストレージ、Officeの有無など、用途や予算に合わせてカスタマイズ可能。

Adobe RGB比100%の4Kディスプレイ搭載モデルもラインナップ。

PhotoshopやLightroomがサックサクで、作業が快適に進みますよ。

近いうちにパソコンの買い換えを考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

詳細ページ公式ページ

POSTED COMMENT

  1. masatdm1951 より:

    すけこむさん
    夕方からの巾着田もまた「怪しくて」良いですねぇ(^^)
    私は近くに住みながら、35年以上も花期に行ったことがなかったので反省しています。 私は朝の6時台に行きましたので、陽が差してくる「輝く曼珠沙華」を見てきました。 早すぎて屋台は閉まってましたけど(^_^;) 自転車なのでその気になれば毎日行ける場所です(^^)v  今まで来なかったことが悔やまれます(T_T)

  2. sukecom より:

    ばう (id:masatdm1951)さん
    コメントありがとうございます。
    巾着田に自転車で行けるのはうらやましいです!曼珠沙華だけではなくコスモスもきれいに咲くそうですね。
    朝の曼珠沙華もきれいですね。来年は私も早朝撮影に行こうと思います(^^)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。