風景

昭和記念公園の銀杏並木はまさに黄色い絨毯!キレイに撮影するコツ

昭和記念公園の銀杏並木

紅葉を見たくて昭和記念公園へ行ってきました。電車を乗り継いで自宅から1時間弱。Twitterで色々調べていると、入場券(大人410円)を買うのに長蛇の列が並んでいると。家を出たのは12時過ぎ。もっと早く出発すべきだったかと後悔。

元々今日は代々木公園へ行こうと思っていたんですが、急遽昭和記念公園へ変更。調べてみたら家からそんなに遠く無いようなので即出発。

西立川駅で降りて、いざ入園です。

連休の昭和記念公園は人が多すぎる

昭和記念公園の銀杏並木

3連休のど真ん中ということもあり、園内は人が盛りだくさん。昭和記念公園の代名詞でもあるイチョウ並木へダッシュで移動。キヤノンの白いバズーカやPENTAX、OM-Dを駆使するご年配の方やオールドレンズで撮影されている方も発見。

メジャーな撮影スポットをぶらつく楽しみの一つ、他の方々がどんなカメラで撮っているのかを観察すること。三脚にD810乗せて大三元70-200で撮影されている方もいましたね。三脚の使用は問題ないのかしら。

ペット同伴可能で犬も盛りだくさん

昭和記念公園の銀杏並木

園内はペットの同伴が可能なようで、犬の散歩をされている方もたくさん居ました。白い犬のサークル?か何か知りませんが、同じ種類っぽい白い犬を10匹以上連れて歩くグループが居ました。

ワンちゃん撮影会みたいになってましたが、あまり犬には興味の無い私からすると、道をふさがれて邪魔だなぁ・・・としか思えず。気持ちはわかるけど、人の少ない早朝に来て撮影会やるとかさ。

犬をベビーカーみたいなものに乗せて歩いてる人もいましたが、犬って自分で歩くのが楽しいんじゃないのだろうか。それか足を悪くしてるのかな。飼ったことがないので、犬のことはさっぱりわかりません。

超広角もしくは望遠レンズが欲しくなる

昭和記念公園の銀杏並木

今回はD610にタムロンA09で頑張ってみました。絞り開放がぬるすぎでイマイチ好きになれないレンズですが、しっかり絞って撮ること前提なら何とか活躍できるかな・・・と。結果、まずまずかしら。

等倍で見たときの解像感はやっぱり単焦点レンズには負けます。細かいところで色が潰れてしまっているというか、べちゃーっとなってる。iPhoneで見るとか、ブログに載せる程度のサイズならまぁ気にならないかな。

A09の広角端は28mmまで。イチョウ並木で撮影するにはもう少し広いレンズが欲しいところ。先日レンタルで使った16-35mm、欲しいなぁ・・・

昭和記念公園の銀杏並木

紅葉シーズンは足元にも被写体がたくさん。D610のライブビューを久しぶりに使ってみました。オートフォーカスがやけに遅くなったり、シャッターを切った際の反応が鈍間すぎて滅多に使わないライブビュー。

この写真もオートフォーカスだとピントが迷いまくりだったのでマニュアルフォーカスに切り替えて撮影。こういうときバリアングル液晶があると便利なのでしょうな。

銀杏並木が目的なら西立川駅から入場を

昭和記念公園の銀杏並木

立川駅から徒歩10分くらいで到着できる昭和記念公園ですが、銀杏並木が目的なら西立川駅まで電車で行った方がいいです。立川駅から銀杏並木まで行くなら、徒歩20~30分は覚悟すべき。

私は西立川駅で降りて入園、帰りは立川駅まで行ったんですが、いやぁ立川駅が遠い遠い。ただでさえ広い公園なのに、駅までも結構な距離がある。歩き疲れてくったくたです。写真を撮ってただけなのに、いい運動になりました。

来年も絶対来よう。来年の今頃までには広角レンズを買いたいなぁ。

超広角レンズ持参で挑んだ2016年

昭和記念公園のイチョウ並木

またしても立川の昭和記念公園へ行ってきました。

2年前に黄葉を撮りにきたとき、「来年も絶対また来る!」と決意したものの、なんだかんだで去年はタイミングよく撮りに行くことができず。

機材が新しくなっただけではなく、写真の腕もこの2年で少しは上達したと信じたいものですが、果たして結果の程は…ピークは若干過ぎていた感じでしたが、黄色く染まったイチョウ並木をたっぷりと撮影してきました。

平日の開演ギリギリを狙って入場

昭和記念公園のイチョウ並木

昭和記念公園は秋に咲くコスモスや夏のひまわり、冬のイルミネーションも有名ですが、大本命はやはり黄色く染まるイチョウ並木ではないでしょうか。イチョウ並木こそ昭和記念公園ぞ!と個人的には思っております。

季節を感じられるだけではなく、公園内の設備も整っていますし、なんといってもクッソ広い。園内のお手洗いにキレイキレイの泡ハンドソープが置いてある公園なんて、ここ以外で見たことがありません。さすがは国が管理している国営公園です。

昭和記念公園のイチョウ並木

昭和記念公園のイチョウ並木がピークを迎えているのは把握していたのですが、予定は空いているのに天気が悪かったり、タイミングがなかなか合わず。この日は天気も良く、仕事も午後から始めれば問題なかったので、これは行くしかない!と。

9時半の開園に間に合うように移動したのですが、西立川駅周辺には開園待ちの人が20名ほど。なるべく人の少ない時間帯にイチョウ並木を撮影したいのはみんな同じですね。開園と同時に全力疾走でイチョウ並木へ向かうガチ勢も数名。

昭和記念公園のイチョウ並木

私はのんびりと歩いてイチョウ並木に到着。イチョウの葉はきれいに色づいていたものの、2~3割は既に散ってしまっていて、来るのがちょっと遅かったことを悔やみます。1週間前に来ていたらタイミングは完璧だったかしら。

少し前に雨が降った影響で、イチョウの落ち葉がべっちょりとしていて、色も茶色くなりかけていたのも残念。

早朝の朝靄がかかるイチョウ並木を撮影できたら最高に美しいと思うのですが、開園が9時半ではそれも難しそう。風景写真はタイミングが難しい。

70-200mmの望遠レンズが欲しい

昭和記念公園のイチョウ並木

今回持参した機材はD810と標準ズームのAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR、超広角ズームのAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED。三脚もカメラバッグにくくりつけて持参。

天気も良く、手持ちで十分撮影できる環境でしたが、練習もかねてちょこちょこ三脚を使用。NDフィルターを買っておけば、長時間露光で人の写りこみをある程度消せたのになぁと今になって後悔。

イチョウ並木の撮影では望遠ズームもあったほうがいいですね。広角側で撮影すると、スカスカした感じに写ってしまいます。来年の今頃までにはAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRを買っている予感がするので、また撮りにこなくては。

紅葉シーズンの昭和記念公園は鉄板

昭和記念公園のイチョウ並木

2年ぶりの昭和記念公園のイチョウ並木。秋らしい写真をたっぷり撮ることができて大満足です。イチョウ並木に限らず、園内をぷらぷら歩いているだけで気持ちいいですし、入園料410円の元は十分に取れますね。

途中、園内の売店でアメリカンドッグとホットコーヒーを買って休憩したのですが、ビールなどのお酒類も販売されていて、おつまみも充実。写真を撮ったあとに、広場で宴会できたら最高だろうな。

今回の反省をいかして、また来年もイチョウ並木を撮りに来ようと思います。

POSTED COMMENT

  1. chimako-tsushin より:

    イチョウの色がこんなに美しい写真を初めて見ました。素敵ですね☆

  2. sukecom より:

    ちまこ通信 (id:chimako-tsushin)さん
    コメントありがとうございます!写真を撮っていて大興奮するくらい、すごくきれいな黄葉でした。

  3. akouroushix より:

    すけこむ 様
     この度は読者におなり頂いて有難う御座います。雑文ですが今後ともよろしくお願いいたします。 
     黄色で埋め尽くされたブログ綺麗ですね。

  4. sukecom より:

    備後あこう浪士 (id:akouroushix)さん
    コメントありがとうございます。昭和記念公園は写真好きには最高のスポットでした。宜しくお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。