読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

浜松町駅すぐの貿易センタービル展望台で東京タワーを撮影

貿易センタービル展望台で東京タワーを撮影

山手線の浜松町駅から徒歩すぐの世界貿易センタービル。展望台から東京タワーの写真を撮りたい!と思っていたものの、なかなか機会がなくて。タイミングよく時間が作れたので、マジックアワーを狙って撮りにいってきましたよ。

東京タワーは特別な存在

貿易センタービル展望台で東京タワーを撮影

大学を卒業して、東京に出てきた私にとって東京タワーってちょっと特別な存在でして。

ちょうど東京に出ようとしていたころに、オダギリジョーが主演の東京タワーという映画がやってたり。福山雅治の「東京にもあったんだ」って曲は、これから上京しようとしてる自分にはじんわり来るものがあったりで。

スカイツリーができてからは主役の座を奪われた感じがあるものの、私の中では東京タワーが未だに絶対的な存在。夜の東京に輝く、あのオレンジの光が好きなんですよ。

展望台への入場は大人一人620円

貿易センタービル展望台で東京タワーを撮影

専用エレベーターに乗って展望台へ。券売機でチケットを買って、受付のお姉さんに渡します。平日で人が少なかったのか、お姉さん完全に気を抜いてましたね。アタフタしてるのがちょっと可愛かったですよ。

この日の日没は18:10だったので、17時半ごろに展望台に到着。ただ、ベストポジションを確保するためには、もっと早く来ないとダメだったみたい。

三脚持参のガチ勢多数

貿易センタービル展望台で東京タワーを撮影

私が到着したころには、既に三脚をセットし終えたガチのカメラマンたちがわらわらと。外国人観光客と思われる人たちもたくさん来てましたね。

貿易センタービルの展望台は三脚OKなのがいいですね。私は持ってきてませんでしたけどね。(ちゃんと調べてから来るべきでした...)

受付で写真撮影に関する注意書きをもらったのですが、「長時間の場所取りはダメよ」と書かれてたのに、ほとんどのガチ勢は私が帰るまで1mmたりとも移動してませんでしたね。気持ちはわかりますけどね。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの手振れ補正すごい

貿易センタービル展望台で東京タワーを撮影

三脚ガチ勢が悠々とスローシャッター決めてる隣で、肩身の狭い思いをしながら私はひたすらに手持ち撮影。AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの強力な手振れ補正を今こそ試す時なのです。

RAW現像で露出補正することを前提に、絞りはf/9で固定、ISO感度はなるべく上げないようにしながら、シャッタースピードは1/25まで落としてみました。手振れ補正...想像以上にすごい。1/25で撮ってても、9割以上のカットで手振れナッシング。

D810とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの重量級コンビを使っているうえに、三脚ガチ勢の邪魔にならないよう変な姿勢で撮ったりしていたので、手振れが発生する条件がばっちり整っていましたが、ほぼほぼ手振れ無し。すげーよこのレンズ。

夜の展望台はムーディーな雰囲気

貿易センタービル展望台の夜景

滞在時間は1時間くらいでしたが、ずっと撮りたいと思っていた東京タワーを撮りまくれて大満足でした。日が落ちてからの展望台は写真が撮りやすいように照明も暗く設定されていて、なんともムーディーな雰囲気。

闇に乗じてカップルがチュッチュしてても、みんな夢中で写真撮ってるので誰にも気づかれなさそう。一部の窓にはカメラを置けるスペースがあったりしますが、ちゃんと撮るなら三脚はやっぱりあったほうがよさそう。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの手振れ補正に助けられて、手持ち撮影でもそこそこ満足のいく写真が撮れました。撮りたかったものを撮れるのは嬉しいですね。あぁ楽しかった。