コーティングの剥がれたMacBook Pro

MacBook ProのRetinaディスプレイのコーティングが剥がれてきてしまいました。

ちょろっと剥がれた程度ならまだしも、パソコンを見るたびにテンションが下がるほど汚らしい見た目・・・

美しくなければMacBook Proじゃない! といきりたってAppleのサポートセンターに助けを求めたら、無料で修理ができちゃいました。

なぜディスプレイのコーティングが剥がれたのか、修理に預けるとどれくらい時間がかかるのか、修理依頼から手元に戻ってくるまでの流れをまとめました。

同じようにMacBook Proのコーティング剥がれに悩んでいる方は、参考にしてもらえたらと思います。

MacBook ProのモデルはEarly 2015

汚くなったRetinaディスプレイ

私が使っているMacBook Proは、タッチバーや指紋認証が搭載される前のEarly 2015というモデル。

とくにディスプレイの左上部分、砂利道でこけたのかと思うくらいザラッザラ。

コーティングの剥がれ具合がわかりやすいように、写真のコントラストをガッツリあげていますが、肉眼で見てもかなり汚い状態・・・

近くで見るとブツブツして気持ち悪い・・・

そこまで汚くない部分

ディスプレイの右側部分もポツポツと、ところどころコーティングが剥がれています。

写真を撮る前にホコリを除去しておくべきでしたね・・・反省。

画面中央のコーティングが剥がれなかっただけマシと考えるべきかもしれません。

ただ、画面中央もディスプレイを閉じているときにキーボードとこすれて、細かいキズがチラホラと・・・

日々の仕事や写真編集に大きな影響はありませんでしたが、じわじわと積み重なっていくストレス。

お金がかかってもいいから修理に出そう! と決意しました。

なぜディスプレイのコーティングが剥がれたのか

アルコールの含まれたウェットティッシュ

そもそもなぜディスプレイのコーティングが剥がれたのかというと、きっかけはウェットティッシュでした。

私、若干の潔癖症を患っていて、いろいろなものをアルコール除菌シートで拭いたりするんです。

トラックパッドやキーボードを掃除していたとき、「ディスプレイも指紋が目立ってきたから拭いておくか・・・」とゴシゴシ。

「あれ、汚れが落ちないな・・・」と思って、さらにゴシゴシとこすり続け、気づいたときには取り返しのつかないことに・・・

Appleのサイトを見てみたら、ちゃんと注意書きがありました。

コンピュータに直接液体を吹きかけないでください。表面が傷む恐れがあるため、スプレー式の液体クリーナー、溶剤、研磨剤、過酸化水素を含む洗剤は使わないでください。

液体クリーナーなどは使っちゃダメみたい。

購入時にもどこかに注意書きがあったのかもしれませんが、完全に見落としていました・・・

Appleのサポートページから修理依頼

Appleのサポートページ

AppleのサポートページからMacを選択、ハードウェアの問題を選んでいきます。

サポート内容は以下3つから選べました。

  • 電話
  • チャット
  • 持ち込み修理

私、電話がとってもキライなので、迷わずチャットを選択。

Apple IDでログイン後、いくつかクリックしていくとチャットの画面が表示されました。

サポートセンターとチャットで対応

Appleのチャット対応

チャットはこんな感じで進んでいきました。

「Appleのことだから、AIが対応しているのかな・・・?」

と少し期待しましたが、ところどころ誤字があったりで、きちんと生身の人間の方が対応してくださっている模様。

画面には外国人の男女が表示されていますが、私の脳内では麻生久美子に変換されています。

「ディスプレイが剥がれて汚いので修理したい」と伝えたところ、以下の回答をもらいました。

Yoshiko
**様、お待たせいたしました。当該モデルに適用できますのと、購入後4年間の期間内になりますので、無償修理が可能でございます。

購入から4年以内なら無償修理ができるみたい。

Early 2015だけに適用されるのか、ほかのモデルも無償で修理してくれるのかは不明です。

「数千円程度なら費用がかかっても仕方ないかな・・・」

と思っていたので、無料で交換してくれるのは嬉しすぎです。

修理対応は2種類から選択

実際の修理方法は、以下の2つから選べました。

  • Apple Storeへ持ち込み
  • ヤマト運輸で配送修理

少しでも早く修理してほしかったので、「早いほうでお願いしたい」と伝えたところ、スピード優先ならヤマト運輸に任せたほうがいいとのこと。

集荷の日程や場所なども、すべてチャットでやりとりが完了。

持ち込むなら渋谷のApple Storeにいくつもりでしたが、改装中なんですね。

Yoshiko
はい、では私、Tajimaからのご案内は以上といたしますね。 朝晩寒暖差がまだまだございますので、どうぞご自愛くださいませ。

チャットの最後、別れ際にこの一文。

顔の見えない相手だからこそ、こういう気遣い、うれしいんですよね。

Yoshikoさんにちょっと恋しそう。

事前のバックアップは必須

集荷の日取りが決まったら、次はバックアップの準備です。

以下の注意書きもチャットで送られてきました。

修理に出す製品に保存されたソフトウェア、データ、およびその他の情報の消失や破損に対して、Apple は一切の責任を負いませんのでご了承ください。

修理中に、製品の中のソフトウェアやデータは消去される可能性があります。

ディスプレイを無料で修理してもらえても、保存していたデータがすべて飛んだら大損害。

普段からOneDriveで常にクラウドと同期させているのですが、念のためTimeMachineで外付けのHDDにバックアップしておきました。

チャットの記録はすべて残せる

サポートセンターとのチャット内容
チャット内容の記録

ちなみに、チャットでやりとりした内容はすべて記録を残せます。

メールアドレスを登録すれば、会話履歴が全部まとまった状態でメールが届きました。

チャットの画面をコピペしたり、キャプチャをとってEvernoteなどに貼り付ける手間も不要。

ヤマト運輸がいつ集荷に来るのか、事前にやっておかないといけないことなど、全部書かれているのでめちゃめちゃ便利。

電話サポートの場合、会話の内容を全部自分でメモを取らないといけないじゃないですか。

なによりチャット対応だと回答を待っている間にほかの作業ができるので効率的。

数あるサポートセンターは、みんなAppleのマネをすればいいと思う。

発送日の翌日には修理完了のメールが届く

受領の連絡メール

発送の翌日、Appleから「無事にMacBook Proを受け取った」とメールが届きました。

2〜3日後には修理完了のメールが届くんだろうな・・・と思っていたら、その日の夕方に「修理完了したんで発送しておきました」とメールが。

発送完了の連絡メール

いくらなんでも早すぎでしょうよ。

メールの受信時刻を見てみたら、以下の通り。

  • 10:31 Macを無事に受領
  • 17:45 修理・発送完了

たまたま修理センターが混み合っていなかったのか、ここまで早いとは思っていませんでした。

発送完了のメールにはヤマト運輸の伝票番号も記載されていて、きちんと追跡も可能。

なんかもういろいろ素晴らしいですよYoshikoさん。

発送から2日後にはMacが返ってくる

「修理に出したら1週間は返ってこないんだろうな・・・」

と思っていたましたが、Macが私の手元から離れていたのはたったの2日。

  • 6/4 修理を依頼
  • 6/7 ヤマト運輸へMacを預ける
  • 6/8 修理完了のメールが届く
  • 6/9 Macが手元に返ってくる

控えめにいっても対応早すぎ。

五反田からの発送だったので、お住まいの地域や時期によっては、もう少し時間がかかるのかもしれませんね。

ヤマト運輸のパソコン宅急便で届く

ヤマト運輸で届いたMacBook Pro

発送時はヤマト運輸のお兄さんが梱包をやってくれるとのことで、MacBook Proをそのまま渡しました。

いちいち梱包しなくて済むので、めちゃめちゃ便利。

ケースなどに入れているときは、すべて外した状態で渡さないとダメみたいです。

配送、梱包はヤマト運輸にて行います。化粧箱などは使用しませんのでMacをそのままお渡しください。

ご一緒にお預けいただいたものはお戻しができません。AC アダプタや、電源コードや、その他の別売りアクセサリ、ケースや保護フィルムを同梱されないようにご注意ください。

手元に返ってきたときも、ヤマト運輸のパソコン専用ダンボールで丁寧に梱包されていました。

物流センターでブン投げられても、パソコンにはダメージがいかないように衝撃を吸収してくれる素晴らしいダンボール。

このパソコン専用ダンボールを考えた人、ほんと素敵。

クリアファイルに修理報告書

Appleのクリアファイル
同封されていた明細書

ダンボールにはAppleのクリアファイルが同封されていて、なかに修理報告書が入っていました。

ディスプレイ以外にIPDケーブルも交換してくれたみたい。

「IPDケーブル・・・?」と疑問に思って調べてみたら、トラックパッドに関与しているケーブルのようです。

詳しいことはよくわかりません。

トラックパッド周りで不具合は感じていかなったんですが、無料で修理してもらえたのならありがたいことです。

ディスプレイ以外はそのまま

シートのはられたMacBook Pro

肝心のMacBook Proには薄いビニールのシートが貼ってありました。

ディスプレイは新品になったものの、そのほかのパーツはそのままの状態。

手垢のついたキーボードやトラックパッドも、きっちりそのまま返ってきました。

サポートセンターのYoshikoさんに「バックアップを必ず取るように」と言われていたので、データが飛んでいることも覚悟していましたが、全部そのまま残っていて一安心。

Macの中身は変わっていませんが、ディスプレイがテュルテュルになっただけで新鮮な気持ちになれますね。

ディスプレイ保護フィルムを今更購入

ディスプレイ保護シート

今回のことをきっかけに、今更ですがディスプレイの保護フィルムを購入しました。

2年前にMacBook Proを注文したとき、「別に傷つけることないし、保護シートなんていらないっしょ!」と考えていた自分をしばきたい・・・

でもウェットティッシュでコーティングが剥がれたり、キーボードとディスプレイがこすれて小さなキズがつくなんて、Mac初心者にはわからないじゃない。

せっかくディスプレイがテュルテュルになって返ってきたので、いつまでもこの美しさを保ちたい。

ただ、私が使っているモデル(Early 2015)に対応した保護フィルムがAmazonで品薄になってきていて、少々焦りました。

今後、MacBook Proを買い換えるときは、最初に保護フィルムも買わないとダメですね。

Retinaディスプレイがますますキレイに

ピカピカになったMacBook Pro

コーティングの剥がれが解消されて、保護フィルムも貼ったことで今まで以上にテュルッテュルなディスプレイになったMacBook Pro。

ただ、今回購入した保護フィルム、写真は抜群にキレイに表示できるんですが、めちゃめちゃ映り込みます。

Macを立ち上げるときや画面が暗くなったとき、くたびれたおじさんの顔面がもれなく映り込むため、なかなかテンションが下がりますね・・・

MacBook Proを購入して2年、バッテリーは若干ヘタってきていますが、まだまだ頑張ってもらわないといけません。

せっかくのRetinaディスプレイ、コーティングが剥がれたり、傷がついて写真をキレイに表示できなのはもったいないですよね。

あと2年くらいは使い倒せるように、大切に使っていきます。

サポートセンターのYoshikoさん、丁寧な対応をありがとうございました。