すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

ロボット掃除機ルーロを修理に出したら費用が約1万円かかった話

f:id:sukecom:20170716100705j:plain

パナソニックのロボット掃除機RULO(ルーロ)を愛用しております。2年前にモニターに当選して無料でもらったものでして。ただ2年も経つと、さすがにチラホラと不具合が出てきました。

今は修理から帰ってきた状態で、かつての元気を取り戻してくれたルーロですが、その顛末を簡単にまとめてみました。

ルーロのブラシが完全に動かなくなる

f:id:sukecom:20150415221135j:plain

今回致命的だったのは、くるくる回るはずのブラシが完全に動かなくなってしまったこと。ブラシがちぎれてしまう、というトラブルも過去に発生したのですが、そのときは交換ブラシですぐに解決しました。

だけど今回はブラシが動かない。ルーロ内部のブラシを動かす部分が壊れているっぽい。

機械に長けている人であれば、ルーロを分解して直せちゃうのかもしれませんが、素人には無理筋。そこでパナソニックの会員ページから修理を依頼してみました。

修理費用は約1万円

パナソニックの公式サイトから修理を依頼して、数日後にヤマト運輸のお兄さんがルーロを引き取りにきてくれました。梱包もなにもせず、そのまま引き取ってくれるのはありがたいですね。

回収から数日後に修理費用がメールで送られてきました。

【部品代】 3,000円
【技術料】 5,500円
【消費税】 680円
【宅配料】 540円(税込)
【合 計】 9,720円(税込)

約1万円ですね。

新品を買った方がいいのかな...と思って調べてみたんですが、主要なロボット掃除機って大体5万円くらいするんですね。よくわからないメーカーのロボット掃除機は2万円くらいで買えるみたいですけど。

そもそも無料でいただいたものですし、1万円で直るなら仕方ないか、と自分を納得させました。

メールの対応が丁寧

【処置内容】右側軸受けと左側サイドブラシを交換し動作試験を行いました。バッテリーに関しては異常は認められませんでした。今後ともパナソニック製品をご愛顧下さいます様宜しくお願い申し上げます。

家に帰ってくると、部屋の片隅でバッテリー切れでくたばっていることが多かったので、「バッテリーも弱ってる気がする」と伝えたのですが、その点については問題なかったみたい。

今回の修理対応はすべてメールでやりとりが進んだのですが、パナソニックの対応は丁寧でいいですね。きちんと何をやってくれたのかを説明してくれるので、妙な納得感があります。

あると助かるロボット掃除機

ロボット掃除機ルーロが便利すぎる

2週間近くロボット掃除機のない生活を送っていたのですが、「会えない時間が愛育てるのさ」と郷ひろみが歌っていたように、ロボット掃除機のありがたみを改めて実感させられました。

子どもも2人に増えて、ゆっくり掃除ができる時間は限られているので、ちょっと出かけるときに自動で掃除をしてくれるというのは最高に便利です。

もちろんロボット掃除機にも限界はあるので、週に1回くらいは掃除機をちゃんとかけないといけませんが。

壊すことがないように、これからも大切に使っていきます。

こちらの記事もぜひご覧ください