すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRで梅雨の紫陽花を撮影

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRで梅雨の紫陽花を撮影

梅雨といえば紫陽花ですが、せっかく撮るなら小雨の滴るシチュエーションで撮りたい。家の近くの紫陽花はとうに満開を迎えていたのに、このところ洗濯物を干しやすい天候が続いてくれまして。なかなか撮りたいと思えるタイミングがありませんでした。

週末、シトシトといい感じの降水量。娘はばあちゃんとお出かけ。...今しかないじゃないですか。

防滴レンズで雨の日の撮影も安心

防滴レンズで雨の日の撮影も安心

ブログに載せる写真としては久しぶりに使用したAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR。防滴対応のレンズなので、多少の雨ならへっちゃらです。さくっと撮ってしまおうと、傘も差さずに撮影していたのですが、私自身はそれなりにモイスチャー。

カメラを始めたばかりのころ、花を撮るときは絞りを開きまくっていましたが、今は絞りの変化を楽しめる余裕ができました。

雨にぬれるユリの花弁

雨にぬれるユリの花弁

紫陽花に寄り添うように、白いユリも咲いていました。ユリって、いいですよね。(そのままの意味です)

毎年同じような場所に同じ色のユリが咲くのですが、いつも撮り方に苦戦します。構造が立体的なので紫陽花よりも難しく感じるのです。アリンコがおしべ?めしべ?に群がっていることも多いのですが、この日はグッドなコンディションのユリに出会えました。

所沢のゆり園にもいつか行ってみたいと思いつつ、結局一度も行ってないな...

紫陽花には動より静が似合うと思う

紫陽花には動より静が似合うと思う

マニュアルで露出をいじっていたのですが、Exifで露出補正が+1/3となっているのは、設定していたことを忘れていたため。このミス頻繁にやらかします。ISO感度は100~200で微調整しつつ、シャッタースピードは1/40~1/100あたりで。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの手振れ補正はクッソ強力なので、シャッタースピードを落としても手振れせずに撮れちゃいますが、風が吹いている状態だと被写体がブレブレに。

適度に被写体をブレさせて、動きを演出するという撮り方もあるのでしょうけど、紫陽花には「動」より「静」が似合う気がします。

マクロレンズが恋しくなる

マクロレンズが恋しくなる

使用頻度があまり高くなかったことと、ほぼ同じ焦点距離のAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gを購入したことから、手放してしまったAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED。雨に濡れるアジサイを撮るときには、マクロレンズが欲しくなってしまいますね。

ブツ撮りをちょこちょこやっていきたい気持ちもあり、タムロンのマクロレンズにでも手を出してみようかしら。旧型なら新品でも安いですよね。

雨の中、短時間の撮影でしたが、1年ぶりの紫陽花を堪能できました。梅雨が終わるまでに、もう少し撮りたい。

こちらの記事もぜひご覧ください