読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRで春のポートレート撮影

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRでポートレート撮影

先日購入したAF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VRを使ってポートレートを撮影してきました。以前マイクロフォーサーズのカメラを使っていたとき、焦点距離28-280mmまでカバーするズームレンズを持っていましたが、ポートレート撮影では一度も使わず。

ここ1年くらい、ポートレートの撮影にはAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gばかり使っていたこともあり、望遠ズーム1本できっちり撮りきれるか少々心配していました。ですが、爆速オートフォーカスと強力な手ぶれ補正にも助けられ、納得のいく写真を撮ることができました。

大三元レンズは伊達じゃない

大三元レンズは伊達じゃない

半分ほど葉桜になっていましたが、河津さくらが少しだけ残っていました。前ボケ、後ろボケをギュギュッと圧縮できるのは望遠レンズの面白さですね。ボケもキレイでいい感じ。

オートフォーカスはボタンを押した瞬間にシュンッ!!と合います。たまに迷うときもありましたが、すぐにまたビタッ!!と合わせてくれる。さすがは大三元レンズ、値段に見合うパフォーマンスを発揮してくれます。

今回撮影させていただいたのは大学生のSさん。私が学生時代に学んでいたことと近いことを研究されているそうで、お話を伺っている中で若かりし頃の思い出がいろいろとフラッシュバックしました。マウスの頚椎脱臼は軽いトラウマです。

ズームリングの配置に戸惑う

ズームリングの配置に戸惑う

AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VRを使っていて戸惑うのが、ズームリングの位置。AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRとはズームリングとフォーカスリングの位置が逆なので、ちょっと使いづらい。慣れの問題ですけども。

ただズームリングの近くに配置されている丸いボタンに、オートフォーカス作動を割り振れるのはクッソ便利。左手でズームとオートフォーカスを制御できるのはいいですね。完璧に使いこなせるように、レンズに体を慣れさせていかねばです。

最短撮影距離1.1mもポートレートを撮りやすい

最短撮影距離1.1mもポートレートを撮りやすい

最短撮影距離が1.1mと短めな点も、ポートレートを撮る上でとても便利。そこまで寄れなくても大丈夫なんですけど…ってくらい寄れちゃう。想像以上でした。

焦点距離200mmの絞り開放でバストアップを撮れば、背景はてろってろに溶けます。今回は公園での撮影でしたが、これ夜のネオン街を背景に撮影したら、丸ボケが圧縮されてすごく面白い描写になりそう。

重くてデカイという欠点は筋肉で解決する以外に道がなさそうですが、その他の点については文句の付けどころがありません。レンズの描写はシンプルでストレートな印象ですが、仕事でも使うことを考えるとこれがベスト。

ポートレート撮影のメイン機材へ

ポートレート撮影のメイン機材へ

今まではAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gがポートレート撮影のメイン機材でしたが、今後はAF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VRとコンビで使っていくつもり。

背景の圧縮感はAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gには出せないですし、AF-S NIKKOR 70-200mm F2.8E FL ED VRの描写は正直すぎる。2つのレンズの個性をうまく引き出しながら、作品に合わせて使い分けていけたら良いなと。

天候にも恵まれて、いい写真を撮ることができました。Sさん、早朝から撮影にご協力いただき、ありがとうございました。

こちらの記事もぜひご覧ください