読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

課題と反省点の多い2016年!ベストショットを振り返る #2016bestshot

ライフログ

としまえんのイルミネーション

「2016年のベストショットを振り返る」というエントリが、はてなブログのカメラクラスタでほんのりと流行っている模様。流行りには全力で乗っかるスタイルの私。真似して書いてみました。

この1年、総論として課題と反省点ばかりでした。今年の写真を見返していると、悔しさや歯がゆさが残るものがたくさん。でも来年の目標が少しずつ明確になってきたので、振り返ることはやっぱり大切だなと痛感です。

2016年の前半は何をしていたのか

キッテから撮影した東京駅

自分の中で満足できた写真をピックアップしてみたら、今年の後半に撮影したものばかりでした。前半、一体何をしていたんだろうと思うくらいに、満足のいく写真を残せていません…それなりに撮影はしてたんですけど。

会社員を辞めて、物理的な環境に変化があったのは事実。8月にMacBook Proを買って、ちゃんとした色で写真を見れるようになって。D810を導入したことで、ますます写真が楽しくなりました。

風景写真を振り返る

六義園の紅葉ライトアップ

つい最近撮影した、六義園の紅葉ライトアップ。世間にウケるかどうか、というよりは撮りたいものが撮れて純粋に嬉しかった、という気持ちが強い一枚。水面に反射する真っ赤な紅葉を撮ってみたかったんです。

2016年のベストショットを振り返る

こちらは昭和記念公園の紅葉。自然の雄大さというか、生命の強さみたいなものを表現したいな…と思いながら撮った一枚。もうちょい撮り方を工夫すべきだったかもですが、今はこれで満足。でっかくプリントして部屋に飾りたい。

ただの言い訳ですが、風景写真はまだまだ勉強不足。撮り方もそうですし、現像やレタッチのやり方も少しずつ学んでいきます。2017年は星空写真に挑戦したい。都内近辺できれいに撮れる場所を探すところからスタートです。

ポートレートを振り返る

2016年のベストショットを振り返る

今年もポートレートをたくさん撮影させていただきました。こちらは飯能の古民家スタジオをお借りして撮影した一枚。コンテストでは食い込めませんでしたが(悔しい…)、自分の中では一つ前に進めた撮影だったように思います。

この撮影を経たことで、写真で何を表現したいのか、なぜそれを撮りたいのか、が少しずつ定まってきたように思います。スタジオをシェアできたのもいい経験でした。

2016年のベストショットを振り返る

2016年はストロボを学ぶ年にする!と年始に決めまして。機材を増やしたり、色々と挑戦を(失敗も…)してきました。振り返ってみると「ストロボを学ぶ」というよりは、「ストロボの扱いに慣れる」という一年だったように感じます。

夕暮れどきの代々木公園で撮影したこの写真。これも自分の中で一つの区切りになった一枚。来年もストロボを学び続けることに変わりはないのですが、2017年はストロボを使って「作品を創り上げる年」にします。スタジオ撮影、増やします。

2016年のベストショットを振り返る

今年撮影させていただいたポートレートのベストショットは他にもたくさんあるのですが、来春に向けて写真集の制作を進めてまして。そこに掲載する写真は時期を見て公開するつもり。今は私が写り込んでるこの1枚だけ。

約2年、ポートレートの撮影に全力で取り組んできて、写真で表現したいこと、写真を通じて伝えたいことがようやく見えてきました。写真集ではその思いを形にするのです。

撮影は10月からスタートしてまして、完成は2月か3月になる見込み。ストロボは一切使わず、自然光だけで撮影。レンズは58mmと35mmの2本のみ。きっちり仕上げていきます。

家族写真を振り返る

2016年のベストショットを振り返る

家族写真も山ほど撮影してるのですが、ブログに公開できるベストショットとしてはこの一枚。何かゴソゴソしてるな…と思ったら、2歳の娘が洗濯カゴに入って遊んでました。

おしゃべりも上手になってきて、家中を駆け回ってる娘。いつか娘と一緒に写真を撮りに行けたらいいな…と夢を見ています。早くても10年後くらいでしょうか…来年も彼女の成長を撮り続けていきます。

2017年に向けて

2016年のベストショットを振り返る

悔しかったり、歯がゆかったり。深みにハマればハマるほど、苦しくて辛いのが写真の世界なのかもしれません。それでも写真を撮ることはやっぱり楽しい。イメージ通りの写真が撮れたときの充実感というか、達成感は、写真以外では得られない快感。

コンテストで入賞したり、誰かに認められたい、という思いも捨てきれませんが、写真で表現したいことを愚直に貫いていく、2017年はそんな一年にできたらと思います。来年はどんなベストショットを残せるでしょうか。楽しみです。

トピック「2016bestshot」

こちらの記事もぜひご覧ください