読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

【写真・カメラ関連】今年、買ってよかったもの

D810を購入

2016年も残すところわずかとなりました。年末恒例のテーマ、今年買ってよかったもの。今年は会社員から独立してフリーランスになったこともあり、仕事で使うものを筆頭に買い物をしまくった一年になりました。

買ってよかったと思うものが多すぎるため、記事にまとめるのは苦行とわかっていたのですが、自分の尻にムチを打って頑張って整理してみました。撮影関連の機材に絞ってまとめています。

D810とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

D810とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

まずは何といっても現在の主力機材となっている、ニコン史上最高画質とうたわれた「D810」と、大三元レンズの一角を担う標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」の2つですね。

とりあえずこの組み合わせを持っていけば、最低限の写真は撮れるという安心感がすごいです。D810は間もなく型落ち品になりますが、必要十分なスペックがあるため長く使い続ける予定です。

重くてデカいAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRも、爆速AFで逆光にも強く、絞り開放でも甘さを感じさせない描写が素晴らしいです。手ぶれ補正もクッソ強力。少なくとも5年以上は頑張ってもらいますよ。

この機材でこんな写真を撮りました

貿易センタービル展望台で東京タワーを撮影

手持ちで夜景が撮れてしまう、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの手ぶれ補正の強力っぷり。

浴衣でポートレート

ポートレート撮影でもばっちり活躍してくれます。単焦点レンズも大好きですが、ズームレンズにはズームレンズの良さがありますね。控えめにいっても、浴衣、大好きです。

大好き!ジッツォのトラベラー三脚

ジッツォのトラベラー三脚1型4段

続いてジッツォのトラベラー三脚。いつか買いたいと思っていた憧れの三脚です。

D810とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRを池袋のビックカメラで買ったとき、ポイントが20%付与されるキャンペーンがやってまして。10万円以上のポイントがついたので、そのポイントを使ってジッツォ購入。

軽量コンパクトなのに抜群の安定感が最高です。ビックカメラの店員さんに「一生使えますよ!」と言われたので、こちらも長く大切に使っていきたいと思います。ジッツォ大好き。

この機材でこんな写真を撮りました

としまえんのイルミネーション「ウィンターファンタジア」の写真

イルミネーションの長時間露光でも安定感抜群です。軽くて持ち運びやすいのは、公共の交通機関を利用する私にとって絶対的な正義。

三脚と一緒に買うべし!L型プレート

L型プレート

こちらも買ってよかったと心から思える機材の一つ。三脚の雲台に装着するL型プレート。これを使うと縦位置で撮影するときの安定感が半端ないのです。これから三脚を買われる方は、L型プレートも一緒に買うべきです。もっと早く買うべきでした。

この機材でこんな写真を撮りました

六義園の紅葉ライトアップが見頃

六義園のライトアップで20秒の長時間露光。L型プレートがなかったら、この写真は撮れなかったかも。

六義園の紅葉ライトアップが見頃

こちらは30秒の長時間露光。まったくブレてません。足場が不安定な場所でも、L型プレートがあれば安心して縦位置の撮影ができます。

ストロボをリモート発光!Cactus V6

ワイヤレスフラッシュトランシーバーCactus V6

2016年はストロボを学ぶ年にする、と年始に決めまして。ストロボ関連の機材も色々と購入しました。中でも使用頻度が高いのは、離れた場所でもストロボを使えるようになるCactus V6。新型も発売されたみたいですが、機能的には旧型で十分。

お仕事の撮影でもバリバリ活躍してくれています。

この機材でこんな写真を撮りました

ソフトボックスを使ってポートレート撮影

写真左側にライトスタンドを設置、Cactus V6を装着したスピードライトSB-700を発光させて撮影。ソフトボックスも使用しています。

好きな場所からストロボを発光させられるようになるのは、恐ろしく便利です。

多灯ライティングに最適!マニュアルストロボのCactus RF60

Cactus RF60

続いてもライティング機材。マニュアル専用のストロボCactus RF60です。TTL発光(ストロボ任せのオート発光)はできないのですが、多灯ライティングは基本的にマニュアル設定なので問題ないのです。これからもガシガシ使っていきます。

この機材でこんな写真を撮りました

クリップオンストロボ3台でワイヤレス多灯ライティング

この写真ではストロボを3台使用しています。左右から1灯ずつと、背後からも1灯を発光。モデルは娘のお友達、メル氏。全裸なのは娘に洋服をなくされたため。私の趣味ではありません。

ストロボの光を柔らかく!ROGUEフラッシュベンダー

フラッシュベンダー

こちらもライティング機材の一つ、ROGUEフラッシュベンダー。ソフトボックスやアンブレラは持ち運びが面倒大変ですが、このフラッシュベンダーは折りたたむこともできるためカメラバッグの中でかさばりません。そのくせ光は柔らかく使いやすい。

今後も使用頻度が高くなること間違いなしです。

この機材でこんな写真を撮りました

フラッシュベンダーを使用してポートレート撮影

モデルさんを夕暮れどきの西陽と挟み込むように、写真右手前からフラッシュベンダーを装着したストロボを発光させています。

写真データを手軽かつ安全に管理!自宅にNASを設置

Synology DiskStation DS216jを購入

撮影機材から少し離れます。今年は自宅にNASを設置した年でもありました。今までは外付けHDDを使っていましたが、その都度パソコンにケーブルを接続するのが面倒くさかったのです。

バックアップも自動で実施してくれますし、管理の手間とデータ保管の安全性がぐんと高まりました。写真のデータを保存していたHDDが壊れて、過去の写真が見れなくなった!なんてことは嫌ですからね…

撮影機材を安全に保管!防湿庫

防湿庫でカメラとレンズの湿気対策

仕事で使う機材も増えてきたので、防湿庫も購入しました。

仕事でレンズを使おうと思ったらカビが生えてて使えませんでした…という事態は絶対に避けないといけません。楽天でコスパが高そうなものを買いましたが、今のところ何の問題もなく使えています。

すでに中身がパンパンになってきているので、もっと大きいモノを買ったほうがよかったかも…

撮影機材をたくさん購入した2016年

ということで撮影関連の機材を大量に購入した1年でした。どれもこれも買ってよかったと心から思えるものばかり。壊したり失くしたりすることがないように、大切に使っていきます。

来年にはAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRを購入する予定ですが、もう今年みたいに機材が増えることはないはず…購入した機材をフル活用できるように(というか投資分をきっちり回収できるように)、日々コツコツ頑張ります。

お題その2「今年、買ってよかった物」

こちらの記事もぜひご覧ください