読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

iPhoneから格安スマホに乗り換えて結局またiPhoneに戻ってきた

またiPhoneですよ

半年くらい前にiPhoneから格安Androidスマホのzenfone2 laserに乗り換えたのですが、結局またiPhoneに戻ってきました。買ったのはSIMフリーのiPhone6S、64GBのシルバーモデル。

渋谷のApple Storeで購入して税込で約97,000円。SIMカードは引き続き楽天モバイルのものを使うので、月々の支払いは1,800円くらいで済むのですが、機種代高すぎだろ...

安いものは性能もそれなり、ということを学ぶには、あまりに高い勉強代を払いました。

引き鉄はAndroid 6.0へのアップデート

さらばAndroid

iPhoneに戻ることを決意したのは、つい先日Androidを6.0にアップデートしたことでした。「アップデートできますよ」という通知が来ていたので、深く考えることもせずにポチッとアップデートしたのです。

そしたら今まで普通に使えていたmicroSDカードが内部ストレージとして使えなくなりまして。容量の大きいアプリはすべてmicroSDカードにデータを移行していたのに、写真やムービーの保存だけでしか使えなくなったのです。こんなの...聞いてない...

元々microSDカードを使う前提で、内部ストレージが16GBしかない機種を買っていたのに、microSDカードが使えなくなったことで内部ストレージがパンパンの状態に。既存のアプリを消さないと新しいアプリをインストールできない状態。勘弁してくれ...

悪あがきもしてみたけれど

どうにかmicroSDカードを有効活用できないものかとGoogle先生にすがってみたのです。WindowsのパソコンにAndroidの開発環境をインストールして、無理やりmicroSDカードを内部ストレージとして使えるようにしてみたのですが、アプリが動かない...動いてもクッソ遅い...

Androidのバージョンを下げることもできないみたいですし、完全に詰みました。zenfone2 laser 16GBのユーザーが、Android 6.0へアップデートすることはただの自殺行為でした。本当にありがとうございました。

というかアップデートする前に、注意書きの表示とか通知とかしてくださいよ...まぁそういう対応がないからこそ格安なんですよね。メーカーのサポートも期待できないと定評ですし。Androidスマホでも中級機以上のモデルは6.0にアップデートしても問題ないみたいですし。

身分証明書がなくてSIMカードの切り替えができない

SIMなしのiPhone

zenfone2 laserで使用していた楽天モバイルのSIM、形状の違いからそのままiPhoneで使うことはできないみたい。早速、渋谷の楽天カフェへ手続きにいったんです。諸々の説明を受けていると、確認のために本人確認書類を出してくれと。

あぁ...ここでも詰んだ、と即座に悟りました。赫々然々ありまして、現在運転免許は失効中。健康保険証は任意継続の手続きをしている最中で手元にありません。住基カードも作ってませんし、パスポートなんて普段持ち歩いているわけないじゃない。

また渋谷まで来るのは時間の無駄でしかないので、仮免許でどうにかなりませんか!?と恥を捨てて交渉してみたものの、ダメですの一辺倒。わかりましたよ、パスポート持ってまた来ますよ。

もうちょっと頑張ってほしかった格安スマホ

メインPCをWindowsからmacに変えたので、いずれはiPhoneに戻るつもりでしたが、こんなにも早く格安スマホが使い物にならなくなるとは思っていませんでした。

充電中に謎の再起動を繰り返したり、ちょっと強めの衝撃ですぐに電源が落ちたり、指紋がめっちゃ目立ちやすかったり、ポケモンGOのARモードに非対応だったり。

格安ゆえの性能ではありましたが、最低限の機能はあったので、あと半年くらいは頑張ってほしかった。ポケモンGOはもうアンインストールしちゃいましたけど。

SIMフリーのiPhone6S、少なくとも2年はバリバリ頑張ってもらいますよ。まだSIMカードがないので使えませんけどね。

こちらの記事もぜひご覧ください