読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

さらばサラリーマン生活!今日、会社を辞めてきた

ライフログ Nikon D810 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

会社辞めてきた

勤めてた会社を辞めてきました。ヒャッハー!!

もう私は自由です。フリーダムです。個人事業主の開業届は先日出してきましたし、事業用の銀行口座も作りました。これから自営業者として生きていく上で、振り返りというか決意表明みたいなものをチョロりと書いてみました。

さらばサラリーマン生活

紆余曲折ばかりのサラリーマン生活でしたが、遂におさらばです。

大学卒業後に上京してきて。社会人1年目にリーマンショックが起きたり、辞めようとした会社とトラブって内容証明を送りつけられたり、ハローワークに通って失業保険もらったり。大変だろうとは思ってましたが、想定より幾分ハードモードでした。つい最近、運転免許も失効しましたし…

昨日まで在籍してた会社には創業から関わっていて、毎日何かしらの問題が発生しているような環境でしたが、それでも6年前に比べればだいぶ安定。

私自身30歳という節目を迎えていることもありまして、そろそろ新しいことに挑戦してみようかなと。

30歳までに実現したかったこと

もう10年ほど前になりますか。就職活動中、某社の面接で「30歳までに実現したいこと」を話したら、30代後半くらいの面接官に露骨にバカにされたことがありました。今でもあの東証一部上場のクソ会社某社は大嫌いなんですけど。

31歳を数か月後に控えた今、掲げていた目標を達成できまして。ホントあの面接官、また会うことがあったらけちょんけちょんに(ry

これから先の10年、どんな目標に向かっていくか、どう生きていこうか考えたとき、今の会社に在籍し続けることが必ずしもプラスになるとは限らないなぁと思いまして。まだ30歳、守りに入るのだけはダメだなと。

なりたくない大人

上京して、たくさんの方とお会いしてきた中で「こんな大人になりたくない」という人をたくさん見てきました。今、楽な方へ進んでいったら「なりたくない大人」に近づいていく気がして。40歳では挑戦できないことも、30歳の今ならまだ挑戦できる。

娘はまだ1歳ですし、もっともっと稼がないといけません。今の会社で仕事して給料をもらい続けるのが一般的には正解とされるのかもしれません。

だけど、何かの本で読んだのか、ネットで見たのか忘れましたが、「迷ったら大変そうな方を選べ」という言葉が頭に残ってまして。先人の教えに従って、じゃあ自分もそうしましょうと。

娘には、嫌そうに惰性で仕事をしている父親の背中よりも、クッソ大変でも楽しそうに働いている父親の背中を見せたい。万が一稼ぎがなくなったときは...ごめんなさい。潔く腎臓売ります。

直近の仕事と収入面

会社辞めてきた

今まで担当していた案件については、業務委託として引き続き請け負うことになっています。いきなり収入がゼロになるわけではないので、ガチのフリーランスの方からすると甘えんじゃねぇ!と怒られちゃのかも。

会社に対する未練はないけど、お世話になっているクライアントに対してはきちんと筋を通したくて。案件を離れるにしても、きれいに着地をさせたい。「俺もう辞めるから後のことなんて知らねーし!」みたいな無責任野郎が過去にいたのですが、自分はそんなことしたくない。

新しい分野への挑戦

既存の担当案件を動かしつつ、並行していくつか新しいことに挑戦します。その一つが外部サイトへの記事の寄稿だったりしまして。新しい分野の仕事で、いきなり生活を賄えるほど稼げるとは思っていません。

可能性を探ってみるというか、5年後、10年後に向けて時間を投資していこうと思ってます。芽が出るかどうかは…私にもわかりません…でもやってみます。

趣味としての写真、仕事としての写真

趣味として始めた写真ですが、お仕事としての案件を少しずつ増やしていけたらいいなぁと思っています。お世話になっているクライアントからは、これまでもちょっとした撮影をお任せいただいたりしてまして。

今まで働いていたニッチな業界内であれば、集中して営業をかければいくつかの撮影案件は取れるかなと安易に考えていたり。まぁこれもやってみないと始まりません。

少なくともD810とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの投資分は回収できるように頑張ります。

フリーで仕事をすることの不安

フリーになることについて妻に心配はされましたけど、今までいた会社で仕事を続けたところで来年どうなるかなんてさっぱり見えませんし。超有名な大企業で働いていれば話は違うでしょうけど。

会社に依存して生きていくことの方が、これからの時代リスクが大きいと考えています。個人の力でちゃんと稼げるようになれば、収入面の変動はあったとしても長期的に見てリスクは少ないかなと。

ボロボロの状態で創業した会社に6年も身を置いていたことで、泥水すすってでも生きていくためのスキルは身についた気がします。

ワクワクできる生き方がしたい

会社辞めてきた

この先どうなるかはわかりませんが、視点を変えれば、どうとでも生きていくことができます。ちゃんと家族を幸せにできるだけのお金を稼ぎつつ、心から楽しいと思える仕事に挑戦します。

Youtubeの「好きなことで生きていく」という言葉には違和感を感じますが、嫌なことがいっぱいあったとしてもワクワクできる仕事で生きていきたい。そのために必要な努力はします。

先月くらいから色々と準備を進めていて、既存の案件も動かしているため、すでにパンク気味なのですが、毎日が楽しくて仕方ありません。この感覚は随分久しぶり。頑張りますよ。

おぉ神よ

これだけのことを書いておいて、数ヶ月後にどこかの会社にしれっと転職していたら、その時はめいっぱいバカにしてやってください。

新たな門出を応援してやんよ!という神のような方は是非飲みにでも連れて行ってくださいませ。寿司と焼肉、大好きです。鶏肉も大好きです。ゴチになります。もしくは以下のリンクからポチッと…

すけこむの欲しいものリスト