読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

旅行メディア「たびねす」にナビゲーターとして記事を寄稿することになりました

ライフログ 旅行

f:id:sukecom:20160805122120j:plain

たびねすという旅行メディアに記事を寄稿することになりました。2013年にはてなブログを始めて、好き勝手なことを自由に書き連ねてきましたが、外部のメディアで真面目な記事を書くことにも少しずつ挑戦していこうと思っております。

16,000以上のガイド記事を掲載する旅行メディア「たびねす」

f:id:sukecom:20160805122603j:plain

ぶっちゃけた話、担当の方から連絡をいただくまで「たびねす」というサイトの存在を知りませんでした。「たびねす」は国内・海外を問わず、旅行に行きたい人に向けて情報を発信しているサイトで、ホテルや航空券の予約もできちゃうみたいです。

わかりやすい説明がサイトに載ってました。

トラベルjp<たびねす> は、現地の様々な観光・地域・文化・アクティビティに詳しい専門家=「ナビゲーター」が集まる旅行ガイドメディア。ナビゲーターが「旅行先としてオススメしたい」各スポットを直接取材し、寄稿しています。「旅行に行きたいけど、どこに行ったら良いのか分からない」「自分の知らないような旅先に行ってみたい」そんな人たちの悩みを解決し、もっと自由で、もっと楽しい旅を伝えたい。旅が好きな全ての人に、旅先の新たな魅力を発掘・発信していきます。

トラベルjp<たびねす>観光の専門家が教えるスポットガイドメディア

ナビゲーターには旅先の専門家として客観的に記事をまとめることが求められていて、今まで超主観的にブログを書いてきた私にとってハードル高め。ちょうど新しいことに挑戦しようと準備していたタイミングだったので、まずはやってみることにしました。

山ほどあるインターネットメディアとはちょっと違う印象

「たびねす」の中の人とは直接お話をさせていただきまして。インターネットメディアを運営している会社ってちゃらーい雰囲気の人が多そうなイメージを持ってましたが、私の勝手な偏見でした。メールの対応からもビシビシと伝わってくる真面目オーラよ。

写真や原稿の権利関係も丁寧に説明してくださったり、腐るほどある数あるバイラルメディア()とは違うなと。ナビゲーターが自分の足で旅をして、自分が撮ってきた写真を、たびねすの中の人がきっちりチェックした上で掲載。

ネットで探した情報をちょろちょろコピペして貼り付けるだけのクソメディアまとめサイトと格の違いを感じたことも、ちょっと頑張ってみようかなと思えた理由の一つでした。

たくさん記事を書けば報酬も増える仕組み

記事の寄稿と言っても無報酬ではなくて、きちんとしたルールに基づいて報酬が設定されているようです。私はまだ駆け出しなので、当面は月数百円いただければいい方だと思ってますが、たくさん記事を書いて人気記事が増えてくると報酬も上がっていくそうです。

寄稿するよりも個人のブログに記事を公開して、アドセンスや各種アフィリエイトを展開した方がメリットは大きいのかもしれませんが、そのあたりは少なくとも1年くらいやってみないと判断できないかなと思っています。

詳しい募集条件は以下ページに掲載されていますので、ナビゲーターに興味がある方はご確認ください。

「たびねす」の記事は真面目モードで

f:id:sukecom:20160805122537j:plain

真面目な雰囲気を漂わせる「たびねす」ですが、そんな中でもちょっとふざけたい私。以前つるたまさんに撮っていただいたプロレスマスクをつけた写真をプロフィールに設定しようと申請をあげたら、さらりと却下されました。審査基準、厳しい。笑

原稿の内容もきっちりチェックが入るので、あまりふざけたことは書けない模様。求められているのは主観ではなく客観論なのです。「たびねす」では仕事モードをONにして、こちらのブログでは引き続き性癖全開で自分らしく記事を書いていこうと思います。

はてなブログでは月に10本、「たびねす」では月に3本を目標に、楽しみながら記事を書いていこうと思います。引き続き写真もバリバリ撮りますぞー!

私が書いた「たびねす」の記事はこちらからご覧になれます

少しずつ記事が増えて行くはず…です。