読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

ニューバランスのスニーカーMRL996の履き心地に感動

ニューバランスMRL996

久しぶりにスニーカーを買いました。ニューバランスのMRL996というモデル。普段、仕事には革靴を履いていきますし、休みの日も買ったカジュアルな革靴を履くことが多くて。ちゃんとしたスニーカーを購入したのは高校以来かも。

ばあちゃんにもらったお年玉で買ったナイキのエアフォースワンとか、バンズやコンバースのスニーカーなど、たくさん履きつぶした高校時代。黒い学ランを着て毎日自転車をこいでたあの頃、スニーカーは個性をアピールできる貴重なアイテムだったのです。一度くらい下駄箱にラブレターとか経験してみたかった......

ニューバランスと出会うまでの道のり

ニューバランスMRL996

大学に入ってからはスニーカーから離れていた私。学生時代、ネットショッピングでたまたま見つけたwhoop-de-dooの靴。20代後半までビジネスシューズ含め、このブランドの靴ばかりを履いてました。好きだったのです。恋です、恋。

スニーカーとはちがって、大学の廊下にコツコツと足音が鳴り響くあの感じ。ちょっと大人になれた気がして。whoop-de-dooの靴を履いて歩くだけでちょっとした優越感を感じてた。ほとんど大学には行ってなかったんですけれども。

お気に入りの靴は長く履きたいけど、別れは突然訪れるものでして。学生の頃から履いてきた革靴が壊れて履けなくなったり、さすがに見た目もボロボロになってきて処分したり。

憧れだったニューバランス

仕事用の革靴はたまに買っていたけど、そろそろ普段履き用の靴を買いましょうと。今回もwhoop-de-dooのカジュアルめな靴を買おうかと思いましたが、水たまりだって気にしない娘と散歩に行くことを考えると革靴よりもスニーカーの方が正解だと判断。

高校時代からずっと興味はあったけど今まで履いたことのなかったニューバランスに初挑戦してみました。

履き心地の良さは伊達じゃない

ニューバランスMRL996

かれこれ10年以上、革靴ばかりを履いていたこともあって、久しぶりのスニーカーの履き心地の良さに感動しています。気持ちよく晴れた週末の朝、横断歩道で青信号が点滅。駆け足で渡ろうとしたとき、滅多に分泌しない脳内物質が私の体内を駆け巡りました。

大いなる大地から踵へと伝わってくるはずの衝撃が...ほとんど感じられない。この広い宇宙の物理法則を根底から覆すかのようなソールの柔らかさ。どうして、どうしてなのよ。靴を履いてることが気持ちいいってどういうことなのよ。

くるぶしから下の部位を、肉付きのよい綺麗なお姉さんたちに優しく抱きしめられているかのような官能的な履き心地。どちらかというと細身の女性が好みではありますが、足元だけに関してはふくよかさを受け入れたい。

このスニーカーの開発を担当された方とはいいお酒が飲めそうですよチクショウ。

革靴と比べ物にならない軽さ

ニューバランスMRL996

足全体を包み込むフィット感に加えて、革靴と比べ物にならないくらい軽いことも素敵。足への衝撃を靴が全力で吸収してくれるので、これならどこへでも歩いていけそうな気になる。あの日ダメになった遠距離恋愛だって、このスニーカーと出会えていたら東京-大阪間を何度でも歩いて往復できたかもしれない。(それはない)

混雑した電車に乗っていたとき、不意の横揺れに踏ん張ろうとしたらソールが思っている以上に柔らかくて後ろに倒れそうになるほど。罪深きソールの柔らかさ。これまで履いてきた革靴がいかに固くて重いものだったのか思い知らされました。なんてものを履いていたんだ私は。

気になるハイエンドモデルの存在

ニューバランスMRL996

ニューバランスのスニーカーには1300~番台のハイエンドモデルがあるそうです。今回私が購入したのは996というモデルで、近所のイオンに入ってた靴屋で14,000円くらいでした。今履いているこのスニーカーよりもさらに上のクラスがあるなんて、いったいどんな感覚を味わえるのでしょうか。

雲の上を歩いている感覚

ハイエンドモデルの履き心地の素晴らしさについては、かのラルフローレンが「雲の上を歩いているようだ」と評価したとかしないとか。小学生のころから、いつかドラえもんと雲の王国を建国したいと願っていた私です。残念ながら22世紀まで生きていられる自身はありません。

ニューバランスのハイエンドモデルを履くことで雲を味わえるというのであれば、お金をためて絶対に手に入れてやろうじゃないですか。調べてみたら3~4万円で買えるみたい。

「なんだ安いじゃん」と思ってしまうあたり、カメラを趣味にしていることの罪深さを感じます。カメラのハイエンドモデルなんて60万円とかザラですからね......

まとめ 感動する履き心地のニューバランス

10年ぶりくらいにスニーカー熱を思い出させてくれた、ニューバランスのMRL996。休日に重い機材を背負って撮影に行くときだったり、娘と近所の公園まで散歩に行くときも、ゴリゴリと履きまくって、履き心地の素晴らしさをたっぷり味わってやろうと思います。

スニーカにちょっとこだわりたい方、履き心地のいいスニーカーを探されてる方には全力でお勧めできる一足。ぜひ一度履いてみて、実際に歩いてみて、履き心地の良さを体感してみください。きっと感動しますよ。

こちらの記事もぜひご覧ください