すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

超広角レンズAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDで娘とお散歩スナップ

DSC_9904

いつもの公園へ娘と散歩。いつもならAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gで撮影するところですが、この日は気持ちよすぎるくらいのきれいな青空。せっかくなので超広角レンズのAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを持ってきました。

大枚はたいて買ったのに出番の少ない超広角レンズで娘とお散歩スナップ。レンズが変わるといつもの公園も別の景色に見えて新鮮です。

超広角の14㎜で絞って撮る楽しさ

DSC_9924

広角端の14㎜、f/9.0前後に絞り込んでの撮影。四隅までビシシッと解像しちゃうあたり、さすがは大三元の一角を担うレンズです。普段は背景をボカして撮ることが多いので、ここまではっきりくっきり写るとゾクゾクしてくるものを感じます。

住宅街の公園である以上、ある程度の妥協は必要ですが、写ってほしくないものまで写りこんできてしまうのが超広角レンズの難しさ。

DSC_9876

超広角レンズで撮るときは水平をきっちり取るのも難しい。ちゃんと水平を気にしながら撮ったつもりでもパソコンで確認したら右か左に傾いていたり。現像時に傾きを補正したはずなのに、改めて見るとやっぱりちょっと傾いているように見えたり。。

DSC_9887

雲ひとつないきれいな青空。だけど電線が邪魔。消そうと思えばフォトショップで簡単に修正できるものですが、これはこれで東京の住宅街っぽさがあっていいかなと自分を納得させたり。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを使っていると、旅に行きたい欲求が止まらなくなります。ごちゃごちゃした東京の街並みから離れて、電線が写りこむことなんか気にしなくてもいい景色の綺麗な場所へ。娘もすくすくと成長していますし、そろそろ車を買わないといけませんかねぇ。

DSC_9937

このところAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gばかり使っていたので、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDが重いのなんの。首にストラップがぐいぐい食い込んで痛い。。このレンズ、こんなに重かったっけ。

カーブミラーで娘と自撮りしてみたのですが、娘を抱っこしながら片手でシャッターを切るのはなかなかにヘビー。最近の娘はちょっと歩き疲れるとすぐに抱っこを要求してくるので、もっと腕力をつけないといけません。

超広角レンズでお散歩スナップ、なかなか楽しかったです。たまにはこのレンズも使わないとです。