すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

「写ルンです」を使えばいつもの家族写真がちょっといい感じ

「写ルンです」を使えばいつもの家族写真がちょっといい感じ

写ルンですで撮った写真を現像してきました。CD-Rにデータを焼いてもらって受け取れるのは便利ですね。時代の流れを感じます。

写ルンですで写真を撮ったのは何年ぶりでしょうか。初めてデジカメを買ったのが大学の時なので、高校時代までは写真を撮る=写ルンですだったはず。ということは10数年ぶりの写ルンです。この10年で私はすっかりおっさんになりました。

写ルンです30thアニバーサリーキットをポチった

「写ルンです」を使えばいつもの家族写真がちょっといい感じ

はてなブログ界隈で写ルンですの写真をチラホラ見かけるようになって、久しぶりに買ってみようかなぁと思っていたところに30周年記念のキットが発売されるというお知らせ。これは買うしかないじゃない。即座にAmazonでポチっと予約しておきました。

届いたものを見て、なるほど売り方がお上手だこと。おまけがいろいろついているだけでカメラそのものは今も販売している27枚撮りの写ルンですと一緒やないか。べ、別にかまへんけどな。次からは普通の写ルンです買うからな。

「写ルンです」を使えばいつもの家族写真がちょっといい感じ

普段デジタルカメラばかりで写真を撮っていると、気になるのが写ルンですの露出設定。フジフィルムのサイトを見てみると以下のように説明書きがありました。

フィルム ISO400 135フィルム
レンズ f=32mm F=10 プラスチックレンズ1枚
シャッタースピード 1/140秒
撮影距離範囲 1m~無限遠

「写ルンです」30周年 アニバーサリーキット

ISO感度も絞りもシャッタースピードも変えられない。プログラムオートで程よい露出に設定してくれることもない。変えられるのはフラッシュの有無のみ。後は撮り方次第。これは......楽しいぞ...っ!

「写ルンです」を使えばいつもの家族写真がちょっといい感じ

夕暮れどきに駆け寄ってくる娘を撮影してみたのですが、ちょっと失敗。写ルンですの楽しみ方はたくさんあると思いますが、きれいに撮れないことを味わうのもそのひとつかと思っています。

フォトショップでウォーターマークは加えましたが、色合いや明るさは納品されたデータそのまんま。フィルムだから撮り直しもできない。失敗を受け入れて、楽しむのです。

「写ルンです」を使えばいつもの家族写真がちょっといい感じ

暗すぎた失敗写真。よほど明るい場所じゃない限り、基本的に室内ではフラッシュを使わないと真っ暗な写真になってしまいますね。絞りがf/10でシャッタースピードも1/140から変えられないので仕方ありません。フラッシュを使ったときのキュイーンという音、懐かしすぎよ。

27枚撮りで全部娘の写真。普段から家族写真を撮りまくっていますが、写ルンですで撮るといつもとはちょっとちがって新鮮な感じ。2か月に1本くらいのペースで写ルンですを使っていこうかな。手軽にフィルム写真を楽しめるのは素敵です。

こちらの記事もぜひご覧ください