すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

春の花はいろんなことを思い出させてくれる

DSC_7419

近所の桜もちらほらと花を開かせてきてまして。今か今かと修学旅行を楽しみにしていた小学生のような気分で毎日過ごしています。そういえば小学校の修学旅行は広島の宮島に行きました。もみじ饅頭も買わずに黒い木刀を買って帰った記憶があります。

どんな場所に泊まったとか、厳島神社がどんな場所だったとか、友達とどんなことして遊んだとか。さっぱり覚えてない。鹿がたくさんいた記憶はあるのだけど。20年以上前ですから仕方ありません。実家の物置を探せばあの頃の写真は見つかるかしら。

控えめに咲く春の花たち

DSC_7422

この時期になると近所でたくさん見かける黄色い花。同じ品種だと思うけど白い花もたくさん咲いてる。2年前だったかな。AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDを買ったときにテスト撮影でこの花を撮影したのです。2年くらい前のことならはっきり覚えてますぞ。

中学校の卒業旅行は信州に行ったんだっけ。上高地に行ったけどちっとも楽しくなかった記憶がある。今だったら写真撮りまくるだろうな。最終日の朝、宿泊先から出発する直前に好きだった子に勢いで告白してきれいさっぱり玉砕した日よ。せめてもうちょっとタイミング考えろよと、あのときの自分に説教したい。

DSC_7423

あの頃は自宅のインターネットがダイヤルアップ接続で。携帯電話も持ってなかったしパソコンのメールで友達と文通みたいなことしてた。振られたあの人ともなぜかメールでやりとりするようになって。別々の高校に進学して自然とメールを交わすこともなくなったけど。卒業式の日に写るんですで一緒に撮った写真はきっと実家のどこかに残ってる。

写真を撮っておけばそれだけ思い出を残しておける。構図が意味不明でピントがあってなかったとしても。写真が下手かどうかなんて関係ない。人間の記憶なんて曖昧なものだけど、写真を見ればそこそこ正確に思い出せる気がします。今度実家に帰ったら久しぶりに卒業アルバムを見返したいな。

DSC_7426

つい先日、近所で袴姿の女性を見かけまして。大学の卒業式だったのかしら。大学に漂ってる空気やそこにいる人間がすごく嫌いで卒業式を欠席した私。大学は嫌いだったけど、4年間過ごしたあの町はそんなに嫌いじゃなかった。いつかまとまった時間が取れたら、カメラ持って遊びに行きたい。

桜が楽しみで仕方ないこの頃だけど、春はいろんなことを思い出させてくれるからちょっぴりおセンチにもなります。今はもう家族もいるし、色恋沙汰の思い出が増えることはない(はず…)。その分これからは楽しい春の思い出をたくさん残していきたい。

春を経験できるのはきっと後数十回。桜を見られるのも後数十回?いつまで生きられるかなんてわかりませんし、今この時期しか見られない花を、今しか撮られない写真を、たくさん楽しもうと思います。