読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

出張にカメラを持参するなら1型センサーのコンデジがおススメ

出張にカメラを持参

どうせ出張に行くなら、普段なかなか行けない場所へ写真を撮りに行きたい。写真を趣味にされている社会人の皆様方は、きっと同じように考えたことが一度や二度はあるのではないでしょうか。交通費も宿泊費も経費で落ちますからね。このチャンスを最大限に活かさねばですよ。

今回私はG7Xをカバンに忍ばせて大阪出張に来ておりました。1型センサーのコンデジはボディが小さくて出張のお供にぴったり。このところ梅田近辺のまともなビジネスホテルがなかなか取れないので、手ごろな宿泊先を求めて天王寺近辺まで南下。

御堂筋線で動物園前駅まで来たとしたなら、新世界に足を踏み込まないわけにはいきません。平日の夜、いつも以上に不思議な雰囲気を漂わせる新世界。仕事の合間ですがカメラ片手にふらふら徘徊散歩ですよ。

1型センサーのカメラはスナップ撮影に最適

出張にカメラを持参

解像度や階調の豊かさなんてものではフルサイズセンサーのカメラに敵いやしませんが、被写界深度が深いのでそこまでボケを必要としないスナップ撮影では1型センサーの方が圧倒的に手軽で便利に思います。f/2.8でも広角側ならそこそこ深い印象。

先日、ニコンから1型センサーのカメラが出るかも?なんて噂をちらりと見かけました。G7Xよりも気軽に持ち出せて高性能なカメラがニコンから発表されたとしたら、とても穏やかに過ごしてなんていられません。

コンデジ市場的に手軽に撮影できる機能が搭載されるのは当然だと思いますが、露出やフォーカスをすべてマニュアルでぐりぐり楽しめる武骨なコンパクトカメラが出てくれたら個人的には嬉しいのです。まぁ、そんなカメラ発売されないでしょうけど…ニコンさん、そんなカメラ作ってくれませんか?

夜の新世界をぶらぶらと散歩

出張にカメラを持参

新世界と言えば串カツが圧倒的に有名。だけどこの日はお昼に五反田でアジフライを食べていたので、さすがに油モノが続くのはよろしくないと断念。食生活がダイレクトに体型へ影響を与える年代に突入しているのです。30代の悲しき運命(さだめ)です。

最終的に辿りついたのは商店街を抜けたところで見つけた王将。チャーハンと餃子のコンビはいつだって正義。調子に乗ってハイボールも飲んでしまって、なんだかんだ結構なカロリーを摂取。一人の夜はお酒が飲みたくなる、そんなお年頃なんですよ。そっとしておいてくださいませ。

夜の新世界は人通りもまばら。おっさんが一人でぶらぶらと徘徊散歩するには程よい静けさ。観光で来てるっぽい若い女性たちを見かけましたが、あまり遅い時間に遊びにくる場所でないですぞ、と思ったけど口には出さず。

出張中の負担にならない薄くて軽くて綺麗に撮れるカメラが欲しい

出張にカメラを持参

G7Xの性能にそこそこ満足している私ではございますが、理想をいうともう少しボディが薄くなってほしい。仕事カバンに入れるときにちょっとだけ分厚さが気になるのです。

先日キヤノンから発売されたG9Xはまさにそこを満たしているカメラでして。買い換えようとは思いませんが、G7Xを買う前にG9Xが発売されてたら迷ってた気がします。

薄くて軽いことを最優先するならパナソニックから発売されるAndroid搭載のCM10が今のところ最強でしょうか。実物を見たことがないので、どれくらいの大きさ、分厚さ、重たさなのかがイマイチ想像ついていないのですが。

通話はできないそうですが、普段から滅多にスマホで通話をしない私には問題なし。1型センサー搭載で、Andoroidスマホとしても機能するなんて最強。ただカメラとして操作がしやすいのかどうかはちょっと疑問。

センサーサイズが大きめのコンパクトデジタルカメラが増えてきて、出張時にもカメラを持ち歩きたい私には選択肢が増えて嬉しい限りです。大きな不満はないためしばらくG7Xを使い続けますが、できればカメラはニコンで統一したいのが本音。

ニコンから1型センサーを搭載したコンデジが発表される日を、今か今かと待ち続けたいと思います。

こちらの記事もぜひご覧ください