読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gで今年最後の紅葉撮影

Nikon D600 D610 AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gで紅葉撮影

(2016年10月3日更新)

やっと紅葉を見ることができました。紅葉を見に行きたい!写真を撮りに行きたい!と思いながらなかなか実現できていなかった今年。家族で井の頭公園へ遊びにきてみたら、きれいに葉っぱが色づいてるじゃないの。そうです、見たかったのはこの赤色ですよ。

もう今年は紅葉をちゃんと見ることはできないかな・・と半ばあきらめていたので、動物園に遊びにきたついでとはいえ、ぱしぱしと写真も撮れて満足です。

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gで紅葉撮っちゃう

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gで紅葉撮影

スーパーお気に入りのレンズ58ミリで紅葉を撮っちゃう。14-24ミリも持ってきてたら撮影の幅が広がったと思うけど、家族のお出かけに巨大出目金レンズは邪魔ものでしかないのです。ポートレートや家族写真ばかり撮っている58ミリ、たまには自然も撮りますよ。

被写体にあまり寄れないのが58ミリの大きな弱点。寄りの写真は60ミリマイクロに任せるとして、たまには絞って引きで撮ってみようじゃないですか。f/3.5に絞ってぱしり。もっと絞り込んでもよかったかもですが、紅葉1枚1枚の描写がなかなかよいですぞ。

f/7.1まで絞り込んでみる

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gで紅葉撮影

赤や黄色の葉っぱでわさわさしている木々をf/7.1まで絞り込んで撮ってみました。ブログに掲載するサイズだとなかなかわかりづらいですが、等倍で見てみると周辺のはっぱまでビシーッと解像していて気持ちが良いです。

日ごろぼかして撮ることが多いと、しっかり絞りこんで撮ったときのシャープな描写にゾクゾクするものを感じます。娘が大きくなってある程度自由に身動きが取れるようになったら風景をメインに撮っていきたいと思っているのですが、予定が早まっちゃうかも。

風景写真を58ミリで切り取るのも楽しい

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gで紅葉撮影

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gがポートレート撮影において極上のレンズであることはまちがいありません。今回、少しだけだったけれど紅葉を撮ることができて、ポートレートに限らず素晴らしいレンズであるという事実を改めて知ることができました。

カメラを片手に明確な目的もなく都内近辺をぶらりと散歩。久しくできていないけれど、58ミリをつけたD610でのんびりぶらぶら散歩できたらめちゃめちゃ楽しそう。風景にも、スナップにも、もっともっと58ミリの魅力を引き出してみようと思うのです。

きっと今年最初で最後の紅葉撮影。片手間ではあったけど見られてよかった。来年はちゃんと時間をとって見にいけたらいいな。

こちらの記事もぜひご覧ください