読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

大切な家族の写真は特別なレンズで撮影したい

DSC_9450

孤高のレンズ58ミリ1.4を購入してから、娘の写真を撮ることがますます楽しくなってきました。D610を肩にかけながら娘を抱っこして近所の公園まで行くのはちょっと大変なのですが、G7Xでは撮れない写真が撮れるのが楽しい。

抱っこが大変ならベビーカーで行けばいいじゃん、ということに今書いていて気づいたわけでして。今度の休みも天気に恵まれたら娘と公園にでかけようと企んでいるのです。はやく週末きやがれってんだ。

孤高のレンズAF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

DSC_9459

1インチセンサーのG7XとフルサイズのD610を比較するのは土台おかしい話なのかもしれません。手軽でそこそこきれいな写真が撮れるG7Xも大変気に入ってますが、やっぱり特別な一枚はフルサイズで撮りたい。

58ミリで撮ると、今までにないふんわり感が出てくる。「その場の空気感まで写し込むレンズ」なんて記載をどっかのレビュー記事で見ましたが、まさにそんな感じ。単にいっぱいボケるだけじゃない、独特な描写を吐き出してくれちゃう。やだもう、素敵。

動きの読めない1歳児

DSC_9447

ファインダー越しに娘を見ながら、こっち見て笑ってー!と言ったところで完全なるシカトをぶっこいて我が道をゆく娘。カメラ目線で満面の笑みをとらえるには、まだ私の腕が足りないみたい。

いろんなものに興味を示してはてくてくと歩いていく娘。遊具で遊んでいる小学生低学年くらいの子どもたちに突進していったり、急に立ち止まってしゃがみこんだり。次の行動がさっぱり読めない。

特別な一枚を撮ろう

DSC_9511

この位置で止まって、こっち向いて、はい笑って!というコミュニケーションができるようになるには、あと1年くらいはかかるのかしら。もっとかしら。娘の成長をゆっくりと楽しみに待つことにしましょう。

58ミリで撮れば、いつもの家族写真がぐっと特別な一枚になる。もちろん光や構図、背景をちゃんと考えて撮らないとダメですけど。娘が成長していくのに合わせて、私の撮影技術もぐりぐりと成長していきたいものです。

私たち家族にとって特別な一枚。このレンズがあれば(私の撮影技術も今よりもっと向上すれば)きっと撮れる(・・・はず)。

こちらの記事もぜひご覧ください