読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

男、30歳の仕様書

DSC_5178

この度、齢30を迎えることになりました。大人の仲間入りができることへの多大なる喜びと共に迎えた20歳の誕生日とは大きく異なり、おじさんと呼ばれても仕方ない世代へ突入したことに大いなる哀しみと焦りを感じております。

娘の誕生日は嬉しくとも、なかなかどうして老いていく自分を受け止めるのは辛い面もありまして。世間では30代は働きざかり!と言われます。確かにそれは認めるけれど、同時に悩みも多くなるお年頃なのですね。

家族のこと

DSC_5175

iPhoneに保存されていた昔の写真を見ていると、嫁と初めて遊びに行ったのは2010年のことだったみたい。この5年で結婚もしましたし、先日娘も1歳になりました。

5年も経てば嫁との関係性もいろいろな変化が出てきておりまして、結婚するまではほとんど喧嘩をしなかった私たちも、子どもが生まれてからは苛立ちをぶつけることが多くなったような。子育てで余裕がなくなってる証拠かしら。

日々娘が成長していくのを眺めていますが、私たちも夫婦として、親として、成長しないといけないことがまだまだたくさんあるのね。ちなみに日没後の営業行為はこの2年さっぱりでして。きっと私のソウルジェムは澄み切った色をしてる。

体調のこと

胃腸が弱ってきたのか、お腹の調子が悪くなることが多くなりました。特に朝の通勤時。山手線で池袋から五反田に向かうまでに、途中駅で降りてトイレに駆け込むことがこの1年で急に増えました。

顔面蒼白になりながら原宿あたりで降りていくおじさんが居たら、それは私かもしれません。昔はこんなことなかったのだけど。ほんと嫌だ。どうにかしたい。

体力も徐々に落ちてきている気がします。仕事以外で飲み会に行くことはほとんど無くなりましたし、オールなんて一切しなくなりました。夜中まで飲んだ翌日の体調が悪いのなんのって。睡眠の大切さを身を持って実感しております。

体型を維持できるように週1~2回のトレーニングとカロリー制限は続けていますが、ちょっと油断したらすぐに腹が出てきそうで恐怖。いつまでも体脂肪率10%前後をキープしたいものです。私、ジョギングは嫌いなのよ。

仕事のこと

DSC_5168

大学卒業と同時に上京しまして、会社は変わったものの、仕事内容は新卒の頃から大きく変わっていませんで。最低限食っていくには困らないだけの悪知恵スキルは身についてきたような。

だけど今のビジネスモデルで年収数千万円を実現するのはほぼ不可能で、食べていくには困らないけど大きな夢を見ることもできない今の仕事に飽きてきている自分もいます。

飯を食うためと割り切って、今の仕事をこなして生きていくのか。年収が半分くらいになったとしても、今よりずっと大変だとわかっていても本当に自分がやりがいを感じられる仕事に挑戦していくのか迷う。

フリーの身で仕事をしてもいいでしょうし、会社を立ち上げちゃってもいいかなという気もしています。ただのうぬぼれ?それもあるかもしれない。別の業界に転職をするなら30歳が一つのラインと言われますし、しばらく仕事の悩みが尽きることはなさそう。

趣味のこと

DSC_5169

写真を撮りはじめて3年が経ちました。たくさん撮ってきたけど、まだまだ撮りたいものがたくさんありますし、これからも趣味として続けていけたらいいなと思ってます。

娘が大きくなって子育てが落ち着いたら、カメラと最低限の荷物を背負って国内をぶらぶら旅してみたり、海外を放浪してみたいなと思っています。10年以上先のことになりそうですけど、とても楽しみ。

写真以外にもう一個くらい趣味を作りたいところですが、現実問題時間もなければお金も足りません。400㏄くらいのバイクにも乗りたいですし、プラモデル作ったりテレビゲームも久々にやってみたい。絵も描きたいなぁ。

ファッションのこと

仕事用のジャケットやシャツは年に1~2回買ってますが、私服を買う機会がげっそり減りました。だって週に1~2回しか着ないんですもん。家では高校の部活で使ってたハーフパンツを未だに履いたりしてますし。

先日、大学時代に買った服を着ていたら、たまには私服を買えと嫁に怒られまして。だけど30代ってどんなお店に服を買いに行けばいいのかしら。シップスとかビームスで買っておけば大丈夫ですか。

学生の頃はシャツ1枚で1万円なんてふざけてる!と思ってましたが、自分に合ったものを長く着られるほうが結果的にコスパがいいことを理解してからは、金額をあまり気にしなくなったような。Tシャツが1万円以上するのは今でも馬鹿らしいと思うけど。

わざわざファッション誌を読む気にもなれず(というかどれを読めばいいのかわからない)、ファッション得意な人に私服のコーディネートお願いしたい。切実。

おでこの生え際が毎年1㎜前後のペースで後退している気もするけど、そこは気のせいだと思っておくことにします。運命に、私は、抗ってみせる。

家計のこと

DSC_5134

娘が大きくなるにつれて、かかるお金も増えていきます。いずれは車を買わないといけなくなるでしょうし、今の家も手狭になってマンションを買うなんて話も出てくるかもしれません。子どもをもう1人?今のところ未定です。

コツコツ貯金も頑張っていますが、でかい出費が5年後10年後に控えていると考えると、もっと貯めないといけないのではという強迫観念に駆られて焦る。お金はいくらあっても足らない。

独身だったら今を生きろ的な考えで、どーんと使っちゃってたかもしれませんが、そういうわけにもいきません。だけど貯金ばかりはつまらないので、たまにはお金をつかいたい。要はバランスが大事ってことなのでしょう。難しいよ、バランス。

NISAの口座も作ってみたので、投資についてもちょっとずつ勉強しようと思っております。あーあ、札束が空から降ってこないかなー!

男30歳、精一杯生きる

DSC_5133

自分の人生が60年だったとしたら、折り返し地点に来たことになります。実際はもっと長く(もしくは短く?)生きちゃうのかもしれませんけど。社会人としてこの先20年、30年とお金を稼いでいかないといけません。まだまだ上り坂が続いていくのです。

自由な時間は減っていって、出費が増えて、責任も大きくなって。30代ってかなりハードモードなんじゃないかしら。でもこの10年を必死に頑張らないと、40代、50代が地獄になるような危機感があります。くたびれた40代にはなりたくない。

大変なことはどんどん増えていくでしょうけど、30代の男はモテると言われたりもしますし。中学以来のモテ期が到来するかもしれないという極僅かな希望に胸をときめかせながら、これからも精一杯生きていこうと思います。

そんな私の30代の門出を祝っていただける寛大な方々は、こちらからぽちっと御心付をお願いできますと幸いでございます。ありがとうございます、ありがとうございます。