読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

家族との写真はどんな1枚だって思い出になるんだ

家族との写真はどんな1枚だって思い出になるんだ

いい写真を撮るために。たくさんの技術を学び、高価な機材を身にまとい、イケてる被写体を求め、カメラ小僧たちは今日も街を彷徨う。

基本的な構図を知っていれば、なんかそれっぽい写真はたくさん撮れるようになる。レンズの特性を理解して撮れば、背景をボケボケにしたり、カリッとシャープに撮ることもできる。

お金を稼ぐためだったり、人に評価されるためになら、それらの知識や機材は絶対的に必要だと思う。だけど家族写真を撮るという点において、技術や機材なんてそんなに重要じゃなかった。

たくさんの思い出を残すことの嬉しさ

家族との写真はどんな1枚だって思い出になるんだ

大切なのはたくさん撮ること、たくさん現像すること。言ってしまえばたくさんの思い出を残すことなのかも。先日、娘が産まれてから撮りまくっていた写真を現像したんです。1枚1枚見返してたら、適当に撮られた1枚でもすごくいい味を出してる。

嫁が2年くらい前に買った富士フィルム製のコンデジ。確か2万円もしなかったんじゃないかな。センサーサイズなんて小指の爪くらいかもしれないし、絞りやシャッタースピードなんて操作できない。全部フルオートでのjpeg撮影。

ピントもあってなければ、構図も無茶苦茶。背景も整理できてなくて邪魔なものがたくさん写ってる。でもね、娘がすごくいい表情してる。この1枚からたくさんの思い出が浮かんでくる。私たち家族にとって、この1枚はすごく大切な1枚。

技術は大切だけどそれがすべてじゃない

日に日に成長する娘。最近は歯が生えてきて、ずり這いもできるようになってきた。ごそごそぐるぐると動き回って危なっかしいったらありゃしない。なんでもかんでも口に入れて、おもちゃはいつでもヨダレまみれ。

娘のたくさんの初めてを、今しか見られない瞬間を、もっとたくさん写真に残しておきたいって思う。娘だけじゃなくて、嫁や両親との写真も。自分自身の写真だって、私たち家族にとってはきっと価値のある1枚になっていく。顔が老けた?それも歴史だ。

技術を身に着けていれば、いい感じの写真を撮れる確率は上がる。だけど嫁や両親にとって周辺減光がどうとか瞳にピントがあってるかなんてどうでもよくて、娘の一瞬の笑顔を撮れているかどうかの方が大事だったりする。

自己満足な写真ばかり撮っててもダメだ。

写真をプリントするともっと嬉しい

家族との写真はどんな1枚だって思い出になるんだ

前々から理解はしていたけど、写真を現像するってのも大事ですね。パソコンやスマホからいつでも写真は見られるけど、モニターに映るデータと、手元にある現物には何か大きな違いがある。それが何なのかうまく説明できないけど。

現像すればするほどアルバムを増やさないといけないし、収納スペースも必要になってくる。でも思い出が増えていく喜びの方が勝るように思う。現像料金もL版なら1枚数十円だし、一度に何百枚もプリントするわけじゃない。

いくつかの沼にはまりきっている私の場合、新しい機材を買うことにお金を使おうとしがちだけど、思い出を増やすことにお金を使うのもいいもんだなって。遅すぎるかもだけど今更気づいた。

写真を撮ることは楽しい。撮った写真を現像すれば、もっと嬉しい。

まだまだ写真はやめられませんな。

こちらの記事もぜひご覧ください