すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

ロボット掃除機ルーロが便利すぎ!こりゃもう手放せません

ロボット掃除機ルーロが便利すぎる

ロボット掃除機が我が家にやってきて1か月が経とうとしています。

パナソニックのロボット掃除機RULO(ルーロ)のモニターをさせてもらっているのですが、片方のブラシがもげるなどのトラブルがあったものの、家事の負担は確実に減って、徐々に生活が快適になってきたように思います。文明の力というものはすごいものです。

自動で部屋の中を縦横無尽に駆け回る

ロボット掃除機ルーロが便利すぎる

部屋と部屋の境目の段差もなんのその。1~2センチ程度の段差はするりと乗り越えてきます。ドアのレール部分はホコリがたまりやすい場所ですが、すっきり綺麗にホコリを取ってくれてるのがすごい。

ロボット掃除機ルーロが便利すぎる

ホコリの溜まりやすいベビーベッドの下にもすいすいすいーと進んでいきます。ベッドの下にフローリングっぽい柄のマットを敷いているのですが、この程度の段差も軽々と乗り越えます。

一般的な掃除機であれば体をかがめてベビーベッドの下に掃除機を突っ込まないとダメですが、ロボット掃除機ならそんなことしなくていいのでだいぶ楽。運動不足になる恐れはありそうですけど。

音は普通の掃除機とそんなに変わらないレベル

ロボット掃除機ルーロが便利すぎる

こんなに小さなボディにもかかわらず吸引力はなかなかにパワフル。ゆえに吸引音もしっかり大きめです。ただ特別うるさいといったことはなく、一般的な掃除機の吸引音と同じくらいかしら。

マンションやアパートなどの集合住宅の場合、早朝や夜中にルーロを起動させるのは控えた方がいいかも。防音対策がしっかりしてるところなら気にしなくていいかもですが。

足を近づけるとひかれる

ロボット掃除機ルーロが便利すぎる

やってはいけないことだと思いますが、ルーロの起動中に足を近づけてみました。部屋の壁に近づくときは程よく減速してゴツゴツぶつかることは少ないんですけど、私の足にはゴツンとぶつかってきました。

そんなに強い衝撃ではありませんが、子どもが床で遊んでいるときにルーロを起動させるのは控えた方がいいかな。ケガをすることはないと思うけど。

三角形ボディは正解じゃないか

ロボット掃除機ルーロが便利すぎる

ルーロの三角形ボディが大活躍する部屋の角っこ。一般的な掃除機でもしっかりかけないとホコリが残ってしまうポイントですが、三角形ボディ+回転するブラシでうまい具合にホコリを吸引してくれます。

ベビーベッドに挟まれた狭いスペースに果敢にもぐりこんでいく姿は何とも頼もしい限りです。ちなみに破損した片方のブラシは、なんと替えブラシをいただけちゃうそうです。パナソニックさん太っ腹・・・壊さないように気を付けます。。

仕事を終えてホームへ帰るルーロ

ロボット掃除機ルーロが便利すぎる

起動していたのは30~40分くらいでしょうか。仕事を終えたルーロは自分の足で起動場所へ戻っていきます。ボタン一つ押すだけで部屋全体を掃除してくれて、掃除が終わったら充電スポットに戻ってる。なんてお利口さんなのかしら。

床にモノを置かないなど、ルーロが活躍できる環境を予め整えておく必要はありますが、ボタン一つでここまでやってくれるのは本当に便利。はじめてロボット掃除機を導入した自分にとっては感動モノですわ。

いやはや、ロボット掃除機、もう手放せませんね。

こちらの記事もぜひご覧ください