すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDで羊山公園の芝桜をクローズアップ

DSC_1350

芝桜って広角レンズで撮られた写真がほとんどじゃないですか。西武鉄道がプロモーションで使ってるポスターしかり。羊山公園の紹介で使われている写真もしかり。芝桜ってどんな花なんだろう?という疑問に答えてくれる写真をあまり見つけられず。

だったら芝桜を寄りで撮ってこよう、と思いましてカメラバッグに忍ばせてきたAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED。ナノクリスタルコート搭載かつ爆速AFでおなじみのマイクロレンズでございます。

マイクロレンズと超広角ズームを組み合わせ

DSC_1341

今回は超広角のAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDで定番の芝桜写真を撮りつつ、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDで花びらにクローズアップした写真を撮ってこようと計画していました。

広角での撮影をひとしきり堪能できたので、休憩がてらレンズを交換。大三元ズームから単焦点レンズに切り替えたとき、いつもの3倍の速さで動けるんじゃないかと思うくらいカメラが軽い軽い。

D4Sクラスの重量級カメラと大三元をはじめとした重量級レンズを日々使いこなすプロって、技術的にはもちろんのこと筋肉的観点からも尊敬しますわ。

芝桜に寄ってみると普通の野花だった

DSC_1330

芝桜に寄って撮ってみよう!と息巻いていたものの、いざ寄り寄りで撮影してみると何だか普通の野花感がすごい。被写体としての芝桜を最も輝かせるのは、やはり引きでの撮影なのかもしれません。

そもそも芝桜って「桜」と名付けられているけど分類上はまったく別の植物なんですね。

シバザクラ(芝桜、学名:Phlox subulata)はハナシノブ科の多年草。別名、ハナツメクサ(花詰草、花爪草)。

シバザクラ - Wikipedia

花の色や形が桜に似ていることから芝桜って名づけられたんだとか。「羊山公園のハナツメクサを見に行こう!」より「芝桜を見に行こう!」とアピールした方が桜好きの日本人を集客しやすい、といった思惑もありそうな。

サクラ(桜)は、バラ科モモ亜科スモモ属 (Prunus, Cerasus) の落葉樹の総称。

サクラ - Wikipedia

ちなみに桜ってバラ科なんですね。ちゃんと調べてみて初めて知りました。花を撮影するのが好きなくせに、花のことはさっぱり知らない私です。

老若男女なカメコがわんさか 

DSC_1334

9時半を過ぎたくらいからどんどん人が増えてきました。お昼頃になるともっと人が多くなっていたのでしょうな。天気が良かったこともあり、スマホやコンデジなどで芝桜を撮影する人がわんさか。最近、自撮り棒ユーザーってほんと増えましたね。

羊山公園ではなぜかニコンユーザーが多かった気がします。ニコン1を首にかけてる綺麗なお姉さんも居ましたね。ソニーのレンズスタイルカメラ?を使ってる人も初めて見ました。スマホと連携して撮影できるアレです。(説明が雑)

マクロと広角と、後は望遠があれば間違いない

DSC_1335

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDでもひとしきり撮影を堪能できたので、人が増えすぎる前に撤退です。人ごみが大嫌いというのも理由の一つですが、昼までに帰ってこいという嫁からの指令を受けていたのが本音。

超広角とマクロレンズがあれば芝桜の撮影はたっぷり楽しめますが、もう一本、超望遠もあるとさらに撮影が楽しくなりそう。望遠を使える場所は数か所に限られそうですが、圧縮効果を活かして一面に広がる芝桜を表現できたら面白そう。

羊山公園に毎年来ることは無さそうですが、いずれ購入してしまうであろう望遠レンズをちゃんと使いこなせるようになったら、また撮影に来てみようかしら。