読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

超広角レンズを持って秩父の羊山公園で芝桜を撮影してきた

超広角レンズを持って秩父の羊山公園で芝桜を撮影してきた

芝桜を見てみたくて。秩父の羊山公園に行ってきました。8時の開場に間に合うように5時台の電車に乗り込んだのですが、まさかの人身事故発生。ゴールデンウィークの朝っぱらから事故だなんて、ほんと勘弁してくださいませ。

小手指駅で40分くらい待ちぼうけを食らいましたが、その後全線復旧したようでして何とか西武秩父駅にたどり着くことができました。8時までに羊山公園に到着したかったんですが、駅についた時点で8時過ぎ。迷わずタクシーにライドオンです。

一面の芝桜は見ごたえたっぷり

超広角レンズを持って秩父の羊山公園で芝桜を撮影してきた

西武秩父駅から羊山公園までタクシーだと10分もかからないくらいでした。運転手の期限が悪かったのか、運転が荒すぎでヒヤヒヤもんでした。電車にタクシーに今日は乗り物運がないようです。ちなみに運賃は1000円ちょいでした。

8時20分くらいに羊山公園に到着。8時開場なのでそんなに人は居ないだろうと思ってましたが、いるわいるわ大勢の人たちが。人が増えすぎるとまともに写真が撮れなくなりそうなのでダッシュで入場です。ちなみに入場料は300円でした。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDで芝桜を楽しむ

超広角レンズを持って秩父の羊山公園で芝桜を撮影してきた

撮影に持ってきたのは超広角レンズのAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED、こいつで芝桜を撮ってみたかったんですぜ。購入時から気づいてはいましたが、やっぱり超広角は難しい。失敗を重ねていくことでしか、うまくなる道はないのですね。

実を言うと、今日はバラとガーデニングショーに行ってみようと考えていたんです。でもネットで調べてみたらまだ開催されてなかった。5月半ばから開催なのね。そんなこんなで、そうだ秩父行ってみようかな、くらいのノリで来たのでした。

超広角でボケを楽しんでみる

超広角レンズを持って秩父の羊山公園で芝桜を撮影してきた

風景であれば絞って撮るのがセオリーだと思うのですが、超広角のボケも楽しんでみようということで、フードに芝桜が触れてしまいそうなくらいに近づいて絞り開放付近で撮ってみました。これはこれで面白い画になりますね。

ピークを過ぎていたのかもしれませんが、近くでよく見てみると芝桜の間に雑草が結構生い茂ってる。場所によっては花が散り始めているところもありました。ゴールデンウィーク突入のちょい早めに来た方が満開の芝桜を見れるのかもです。

青空だったら完璧だったんだけど

超広角レンズを持って秩父の羊山公園で芝桜を撮影してきた

この日の天気は晴れだけど曇りがち。スカッと抜けのいい青空だったら撮影的には最高だったんですが、こればかりはコントロールができません。青空を背景に一面ピンクの芝桜、ポスターなどで使われているあれですよ。

何度か通わないと、なかなか完璧な一枚を撮るのは難しいでしょうなぁ。コントロールできない天候の変化を見越して完璧な一枚を撮る、それがプロの仕事なのでしょう。写真で飯を食うってのは楽な仕事ではなさそうです。

一度はおいで秩父の芝桜

DSC_1322

初めて訪れた秩父の羊山公園。思っていたより芝桜が敷き詰められているエリアは狭かったんですが、なかなかの見ごたえでした。8時20分くらいに入場して10時前には撤退したんですけど、続々と人が増えていったので真剣に写真を撮るなら早めの入場が断然おススメ。

毎年見にきたいか、と問われると即座に首を縦に振れない自分もいます。見ごたえはあったけど、そんなしょっちゅう見に来たいものではないかな。1回見たらお腹いっぱいになる感じでした。