読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

練馬区役所の展望ロビーでマジックアワーの富士山と夜景を撮影してきた

DSC_8677

練馬区役所の20階に無料の展望ロビーがあるそうで、夜景撮影の名スポットとして有名だとかで行ってきました。土曜日の区役所ということもあってか人が少ない。私と同じように夜景狙いでカメラを持ってきている人が2~3名いる程度でした。

先日購入したばかりのAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを持って行ったんですが、ガラス越しのマジックアワー撮影は非常に難しいですね。遠くに小さく見えるのが富士山でございます。超広角で撮るとさすがに小さすぎですな。

ちゃんと夜景を撮りに来たのは初めてだったので、とても学びの多い撮影になりました。

誰でも無料で入れる展望ロビー

DSC_8718

20階には展望レストランもありました。訪れたのは土曜日の17時半ごろでしたが、あまり有名ではないのかお客さんは誰も入ってなさそうな感じ。夜景を撮りに来たけど、ちょっと早く到着しちゃったときに利用するといいかも。

展望ロビー入ってすぐの場所に謎のゆるキャラがいました。ねりまのイメージキャラクター?だそうです。この写真はAF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDでぱしり。改めて書こうと思いますが35㎜ f/1.8Gって素晴らしいレンズだなぁとしみじみ感じました。

球面レンズでガラス越しの撮影は難しい・・・

DSC_8682

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDで夜景を撮りたくて練馬区役所に来てみたんですが、球面レンズでガラス越しに夜景を撮影するのはかなり難しかったです。ガラスにレンズをくっつけて撮らないと蛍光灯の明かりが写りこんでしまうのです。

14㎜の場合、レンズがかなり前面に出てくるのでガラスにぶつけて傷をつけないようにヒヤヒヤしながら撮影していました。しかも14㎜だと蛍光灯の写りこみがかなり顕著なのでズームで調整しながら撮影。自由に構図を作れないのが悔しいところ。

蛍光灯の写りこみを防ぐための忍者レフを使って撮影している人もいましたね。夜景をメインに撮っていくなら必須っぽい。買おうかな・・・

三脚は迷惑にならない範囲でOKなのか?

DSC_8674

小さい三脚を使って撮影している人もいました。ガラスの前に段差があるので、小さい三脚であれば歩いている人の邪魔にもならないので使用が許可されているのかも。行ったことないですけど東京都庁とかの展望ロビーは三脚NGでしたよね。

今回はマジックアワー狙いだったので手持ちで何とかなるだろうと思っていたんですが、三脚OKなら持って行きたかったな。ISO感度を上げすぎないよう、手振れを抑えられるギリギリのシャッタースピードをマニュアルで調整しながら撮りました。

練馬区役所は割とすぐ行ける場所なので、今度は三脚持参で夜景をHDR撮影してみよう。

練馬駅から徒歩3分!お手軽夜景撮影スポット

DSC_8721

練馬区役所は練馬駅から歩いて3分とアクセスも超便利。無料で入れるので地元の高校生カップルの健全なデートスポットとしても人気ありそう。富士山見えちゃいますし。朝9時から夜9時半まで入れるそうなので、仕事帰りに寄ることもできちゃいますね。

毎月第4日曜日、12月29日~1月3日は閉庁日のため、ご利用できません

練馬区公式ホームページ

と記載があったので月末の日曜日に撮影に行くときは注意が必要です。レストランも併設してあるので、たっぷり撮影した後は腹ごしらえして帰ることもできます。西武池袋線や都営大江戸線沿線にお住いの方にはオススメな撮影スポットです。