すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを実写テスト!大三元の名は伊達じゃない

DSC_8605

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDを勢いで購入してしまった私。レンズは棚に飾るものではありません。使わなくては意味がございません。購入したその日の夕方、早速カメラバッグを背負ってママチャリで近所を駆け廻ってきました。

いつかは買いたいと思っていた大三元レンズ。早く試してみたいという気持ちと、絶対に傷をつけてはいけないという気持ちが私の中でぶつかりあって、何だかふわふわと空を飛んでいるかのような気持ちで自転車をこいでました。(とても危険)

14mmの超広角は半端じゃない

DSC_8534

初体験の14mm。広い。くそ広いぞ!!肉眼よりも広いので、ファインダーを覗いてるだけでめちゃめちゃ楽しい。今まで見えなかった世界が見えるようだ!ウヒョー!!

たとえば素敵なミニスカートを御召しの超絶美人が少々急な階段を登っていたとして、決して見えることのない秘境にたどり着けるかのような。うん、自分でも何言ってるのかよくわからない。

高い買い物だったけど、無理して買ってよかったなぁ。(しみじみ)そしてニコンのお家芸であるナノクリスタルコート。思い切り逆光ですがまったく問題なし。大三元の名は伊達じゃないってことですな。

超広角はがっつり歪む

DSC_8535

超広角レンズと歪みは避けて通れない存在。どのくらい歪むのか試してみたくて、さっきの写真を撮った場所から少しだけ角度を変えて撮ってみたらこんな感じに。建物の屋根がびよよーんと不格好に伸びてます。歪みますなぁ。

歪みは多少補正できますが、どんな風に歪むかを理解した上で、歪みを最大限に活用して撮るってのが超広角レンズの醍醐味なんだろな。じっくりクセをつかんでいこうと思う。

DSC_8537

大きな松の木を撮ってみるとこんなにもダイナミックに。肉眼で見るよりもてっぺんが遠く見えます。そして等倍で見てみるとゴツゴツした幹の表面だったり、葉っぱの一本一本がとてもシャープ。これはすごい。

ただあまりにも広すぎて、撮りたくないものまでファインダーに入ってきます。この写真も右下のあたりに建物の屋根の先っぽがちょびっと入り込んでしまいました。広いがゆえに構図の作り方がなかなか難しい・・・

テレ端とワイド端の最短撮影距離

DSC_8581

テレ端と言っても一般的には広角域に入る24mm。ほぼ最短撮影距離で撮ってみました。絞り開放で撮ると周辺減光はそこそこ出るみたい。周辺減光は嫌いじゃないので全く問題なしです。むしろ好きです周辺減光。

DSC_8582

ワイド端の14mmで撮ってみるとこんな感じ。こちらもほぼほぼ最短撮影距離。正面の黄色いパンジーはテレ端で撮ったときと大きさに目立った変化がありませんが、背景の写り込み全然ちがう。14mmの方が背景ががっつり入ってくる。これは面白い。

ただこのレンズで物撮りはちょっと怖いですね。14mmで撮ろうとすると、前玉が被写体にくっつきそうになります。この写真も前玉とパンジーの距離は数センチ。標準ズームと同じ感覚で被写体に寄ろうとしたら前玉を傷つけちゃいそう。気を付けないと。

物撮りがメインのときはこれまで通り60mmマイクロやタムロンA09を使おう。

AFも速いしボケもなかなかきれい

DSC_8550

テレ端の24mmでミカンっぽい植物を撮ってみました。絞り開放で撮ったんですが、ボケはなかなか綺麗な方じゃないでしょうか。ピントが合ってるところはきっちりシャープですし、かなりいい感じ。

AFはびっくりするほど速いとは思わないけど、必要十分な感じ。35mm f/1.8Gよりはちょっぴり速いかな。超広角で動体を撮ることは少ないでしょうから、これで十分な気がする。

DSC_8623

まだ1月だってのに梅が咲いてたので撮ってみました。60mmマイクロや85mmで撮影したときみたいに背景が完全に溶けてしまうのではなく、芯を残しながら程よくボケるので、これはこれで面白い。

ポートレートでも背景をしっかり入れて撮りたいときに活躍しそう。バストアップだとかなりモデルさんに寄ることになりそう。・・・そうか、超広角レンズならレンズの特性を言い訳にモデルさんに寄れるのか・・・

その他にもどういう場面で使えるか考えてみよう。

想像力が膨らみまくるレンズ!

DSC_8528

使い始めたばかりでまだまだコツをつかめていませんが、撮っててめちゃめちゃ楽しいです。以前からカメラを持って神社や寺を巡るのが好きだったんですが、もっと広く撮りたいなぁ・・・とモヤモヤしてたのが全部スッキリしてしまう。

夜の東京駅も近いうちに再挑戦したいし、湘南の海とか新宿の高層ビル街とか高尾山とか超広角レンズだからこそ撮りに行ってみたい場所が山ほどあります。新しいレンズを買ったときのワクワクって何度経験しても気持ちいい。ウヒョー!!

引き続きいろんな場面でテストをしてみようと思います。