読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

妻には専業主婦でいてもらいたい

子育て

妻には専業主婦でいてもらいたい

専業主婦についてネットで色々書かれているのを見た。私の妻も今は仕事を休んで育児に専念中。いずれ復職するのか、このまま専業主婦としてやっていくのかは未定。ちゃんと話し合わないといけない。

子どもが産まれるまでは、子育てが少し落ち着いたらすぐに妻に復職してほしいと思ってた。ところがどっこい、今は考えが完全に逆転。当面、専業主婦で居てもらいたいと思ってる。

それくらい子育てって大変。

子ども1人でも大変なのに

我が家はもうすぐ3ヶ月になる娘が1人。赤ちゃん1人でもすごく大変なのに、双子の赤ちゃんとか、兄弟が2人以上いるとか、えげつないほど大変だろうなって思う。子沢山な家庭、ほんとすごい。

子どもは2人くらいほしいと妻は言ってたけど、2人目を作ることを躊躇ってしまうくらい子育ては壮絶だ。いずれ慣れるのかもしれないけど、しばらく先のことになりそう。出産、育児にはお金もかかることだし、妻と話しあって今後のことを考えていかないとだ。

仕事の大変さとはガラリと色が違う

子育ての辛いところは、泣いてる理由が理解できないのと、子どもの行動をさっぱりコントロールできないところが大きい。

何を指示されているか、何を期待されているかもわからず、さっぱり理解できない言語で毎日叱ってくる上司。出勤時間も休憩時間も決まっておらず、その日、その時の状況次第で自分がすべきことを考え、即座に行動しないといけない。

それでいて大きなミスを犯した場合、責任は子どもの命にも関わる。そんな仕事、ハードモードすぎる。

甘ったれですか

我が家は妻の実家が比較的近くにあって、義理のお母さんに車で病院や買物に連れてってもらえることがある。困ったときに頼れる人が近くにいるってのはものすごく心強い。それでも子育てが大変だと思ってる。甘ったれと言われても仕方ない。

周りに家族や親戚、友人も居ないような環境で子育てをするとなると、大変さのレベルが一気に上がるんだろうな。ネットスーパーを利用できるエリアならいいけど、それも使えない地域だと食材や日常品の買物ひとつでも重労働。

うちの娘はなぜか大人しく寝てくれるけど、子どもがなかなか寝付いてくれなくて四六時中寝不足な人もいる。数時間おきにおっぱいを飲ませて、おむつを頻繁に変えて、毎日お風呂に入れてあげないといけない。

寝不足に加えて、おむつ交換は姿勢によっては腰を痛めるし、出産時のダメージがすぐに回復しない人だっている。お風呂に入れるのも常に神経使うし、疲れなんてとれない。ハイハイしだしたら、もっと大変だ・・・うぉぉ恐ろしい。

在宅で仕事~♪なんて簡単にできない

クラウドワークスみたいなサービスも発展してきたし、出産後は在宅でも仕事できるじゃん!って楽観的な考えを持ってた時もありました。ごめんなさい、そんな甘いもんじゃなかった。

子どもの相手をしてたらまともに時間が取れない。寝たと思ったらすぐに起きたり。作業を始めた途端に泣き出したり。落ち着いたと思ったらご飯作ったり、洗濯物干したり・・・

週末、娘と一緒に過ごすとげっそり疲れる。家でやろうと思ってた仕事、書こうと思ってたブログ、全然進まない。ほとんど家に居たのにごっそり疲れるから、夜中に作業をしようと思っても眠たくて進められない。これも私が甘ったれなだけかな。

何事もやってみないとわからない

妻には専業主婦でいてもらいたい

私は子育てを甘く見すぎていました。当事者になってみて初めてわかったこと、気づいたことがすごく多い。お恥ずかしい限り。経験もせずに勝手な発言をするのはよくないね。身を以て実感しました。

当面は私が頑張って生活費を稼ぐので、妻には育児に専念してもらいたい。早く帰れた日とか、休みの日は私も育児頑張る。妻も私も初めての子育てで不安や心配でいっぱい。少しずつ親として成長していきたい。

子育ての辛い面ばかり書いたけど、大変な分、娘の成長を見られるのはすごくうれしい。腹も立つし、ほんとに疲れるけど、娘がご機嫌で一緒に遊んでいられる時間は楽しすぎてヤバい。もう可愛くてしかない。だからまた頑張れる。

こちらの記事もぜひご覧ください