読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

もう恋はできないと気づいて少し悲しい気持ちになるのは浮気の始まりですか

ライフログ

DSC_7488

娘が生まれて生活が大きく変わりました。出張が続いて娘に会えない日はとても悲しい。幸せですかー!?なんてどこぞの新興宗教に話しかけられたら、幸せです!と即座に応えちゃいそうなくらい充実感を感じてる。

先日、結婚記念日を迎えたのです。嫁との結婚生活も3年目。スイートテンダイヤモンドを買ってもらうんだ!と7年先を待ち焦がれてる嫁。お金貯めないとなぁ。

もう恋なんてしないなんて

DSC_7486

結婚してから意識をしたことは無かったけど、最近ふと気づいた。あぁ、もう恋愛ってものを経験することは無いんだなって。娘も産まれたばかりで、少なくとも私は嫁と仲良しだと思ってる。ラブラブだ。

そんな私がこんなことを書くのは不適切なのかもしれないけど、もう二度と恋愛を経験しないことに対して、ちょっとばかし寂しさを感じた。これってダメなことかしら。

リスクを背負えば恋愛はできる

なぜか身の回りには離婚経験者が多い。社会通念上、既婚者が配偶者以外の異性と恋愛をすることはダメとされている。でもリスクを背負えば恋愛はできる。結婚しているのに浮気を繰り返す男女は世の中にたくさんいる。

大きなリスクを背負って、本能が赴くままに突き進む。なんとも動物的な行動でよろしいのではないでしょうか。自分で責任を取るんだから、好きに生きればいいと思う。

振り返ると、中学生の頃は1つ上の学年にいた双子の美人姉妹に恋をしてた。一卵性でそっくりだったけど、私はちゃんと見分けられた(何の自慢)。高校時代は色々甘酸っぱい経験をした(とても書けない)。

大学時代は干からびてた時もあれば、フラれてガチ泣きしたこともあったし、人としてどうなのって問い詰められても仕方ないようなこともした(誠に申し訳ございませんでした)。

あの甘酸っぱいウキウキワクワク感

DSC_7494

メールの返信が返ってこないことにイライラしたり。デートのプランを必死に考えたり。早起きして髪の毛をセットしたり。ウキウキでワクワクな瞬間が確かに在った。あの時、確かに甘酸っぱかった。

「恋する女は綺麗だ」なんて、男だって無駄に筋トレしたり、おしゃれ雑誌買って努力はしてる。結果につながってるかどうかはわかんないけど。ときめきは人を動かす。

そう考えると、最近は休みの日はヒゲも剃らず、新しい私服も買わず、髪型もずっと変えてない。パジャマのまま1日を過ごすこともある。結婚して2年、いつも一緒にいることに胡坐をかいて、随分なまけてしまっていたかも。

これじゃ嫁も私に対してウキウキでワクワクなんかしないよな。でも急におしゃれを意識したら浮気を疑われそうで怖いな。その辺のバランスが難しいな。

切なさを受け止めて前に進むのが大人ですか

DSC_7501

過去を懐かしむのは私がオッサンになってきた証拠ですか。不倫をしたいわけじゃない。離婚をしたいわけじゃない。ただ、学生の頃みたいに甘酸っぱい想いを胸に抱くことはもうないんだろうな・・・って思ったらちょっと感傷的になっただけ。

寂しさや切なさを受け止めて、前に進んでいくことが大人になっていくことなのかな。