読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

育児も仕事も趣味も全力で頑張るのはとても難しい

DSC_5035

娘が産まれて1ヵ月。色々な悩みが出てきました。

写真は2014年の正月に撮りに行った西武園遊園地のイルミネーション。今シーズンの西武園イルミネーションは「イルミージュ」というタイトルみたい。行きたいぞ、としまえんにも目黒川にも撮りに行きたいぞ。

でも休みの日はなるべく娘と居るようにしてる。おむつ交換も手慣れたものよ。写真を撮りに行きたい気持ちは溢れんばかりにあるけれど、育児を嫁一人に任せて趣味に没頭する旦那ってどうなのよ。

世のパパたちは趣味や仕事とどう折り合いつけているのか

DSC_5014

子育てが大変だなんて、人類が知能を持ち始める前から知れ渡っている事実。子育てに関する有益な記事もネット上にはモリモリと溢れている。しかしどうすればいい。趣味にも全力を注ぎたい新米親父はどうすればいい。

趣味なんて我慢しやがれ。これは正論。だけども写真撮りたいんすよ。写真、気持ちいいんすよ。

仕事に関しては仕方がない、と半ば諦めている自分も居る。家に帰ってこれるのは早くて21時くらいで、23時を越える日もある。土日でも仕事が入ることがあるし、出張でしばらく帰ってこないことも。

育児も頑張りたい。だけど18時に帰ってこれる仕事に今すぐ転職するという選択肢は今のところない。嫁も表だって不満を出さないだけで、私が早く帰ってこないことに多少はフラストレーションを感じていそう。

嫁も遊びに行ける時間を作るのが大事なのか

DSC_5018

私だけが週末に写真を撮りに行く、つまり遊びに行くってことに罪の意識があるんだと思う。私は自由に遊びに行けても、嫁はなかなか自由に外出できない。これって夫婦の形としてベストではない気がする。

おむつチェンジは完璧だけど、沐浴は一人では不安が多いし、極力母乳で育てたいという嫁の意思の下、なるべくミルクは使わない方針。

そうか、冷凍母乳をあげられるようになって、沐浴も一人でうまくできるように練習すれば、嫁も娘を私に預けて買い物だったり女子会だったり遊びに行くこともできるのか。私も乳が出せれば便利なんだけど、こればかりは努力では補えない。

どう頑張っても男から乳は出ないのか

DSC_5031

娘が夜中にグズる。大半はおむつの汚れが原因だけど、お腹が空いてグズつくこともある。母乳で育てる方針である以上、嫁に起きてもらうしかない。母乳を飲ませたらゲップを出さないといけない。寝不足になるし、なかなかの重労働。

こんなとき男も乳を出せるようになったらいいのにな、とつくづく思う。乳首を引っ張ったり、先っぽを絞り込んでみたところで痛みしか感じない。もう一度言う、痛み以外の特別な感覚は無い。

どのように開発したところで男は乳を出せない。これはどうにもできない事実。いつの日か画期的な科学技術が生み出されることをひっそり願ってる。でもその頃には乳を出す必要が無くなってる気がする。

夫婦での話し合いが大切なんだな

DSC_5020

結局はここに尽きるのでしょう。嫁とちゃんと話し合って、育児を分担できるところは分担する。遊びに行きたいときは話し合った上で遊びに行かせてもらう。私も育児スキルを磨いて、嫁が遊びに行きたいときは遊びに行けるようにする。

今までのように休日は朝から晩まで写真を撮りに出かけるってのは、さすがに我慢しないといけないんだろう。こんな私でも親になったのだから、何でも好き勝手行動するのは卒業しないといけない。

週の休みを2日とれれば、1日は育児を頑張る。残り1日の内3~4時間は嫁と相談の上で写真を撮りに行かせてもらえたら嬉しい。今度の休みに嫁と話してみよう。平日は育児を任せきりでごめんなさい。

今年は恵比寿ガーデンプレイスや東京タワーのイルミネーションも撮りに行ってみたいんだなぁ。育児も仕事も趣味も、全部全力で頑張るってすごく難しい。