読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

仕事から学んだ大事なこと、大切な言葉たち

DSC_1296

働くことはとても辛い。大変だし面白くないこともたくさん。大都会に憧れて就職を機に遥々上京。かれこれ6年が経ちました。

うまくいかないことばかりだけれど、仕事をしていく上で大事だと思えることが少しずつ見えてきた気もする。来年で30歳。まだまだ働いて行かねばならんのです。

基本的に他人は思い通りに動いてくれない

人を動かすって難しい。こちらが伝えたい意図と、相手が受け取る意図は、多くの場合においてずれる。だからこそ正しく適切に伝える能力が求められる。

相手が自分の思い通りに動いてくれないとき、相手の責任にしがち。でもそれは自分の伝え方が悪かったからなんだって。

よく言われるコミュニケーション能力ってのは、単なる会話力ではなくて。思い通りに人を動かして成果を出すことができる能力って解釈してる。そんなの最強の能力じゃん。

人にものを教えることはできない。みずから気づく手助けができるだけだ。

ガリレオ・ガリレイ

・・・これは深い。

指摘、叱責のありがたみを知る

クレーム、あまり言いません。怒るってすごく疲れるし、嫌われたくないって気持ちもあったりするし。だからこそちゃんと間違いを指摘してくれること、叱責されるってのはすごくありがたい。

相手だってほんとは言いたくないけど、言わなきゃいけない!と思って言ってくれてるわけで。感情に任せただけの怒りは完全スルーだけど、指摘や叱責はマジありがたい。

孤独な立場になればなるほど、それを痛感する。叱られたい願望、これはMへの目覚めですか。

誰でも怒ることはできる、それは簡単なことだ。しかし、正しい人に、正しい程度に、正しい時に、正しい目的、正しい方法で怒ること、それは簡単ではない。

アリストテレス

古代ギリシア・・・

調子に乗るな、常に謙虚に

どんなときも謙虚な姿勢が大事だと思ってる。調子に乗ると、すぐに足元をすくわれるし、敵を作ってしまうリスクも生まれる。どれだけビジネスがうまく進んでいても、決して調子に乗っちゃダメ。

うまく進んでいるときこそ謙虚な姿勢で慎重な判断が大事。

いばる男の人って、要するにまだ一流でないってことなのよ。

オードリー・ヘップバーン

やだもう素敵・・・ローマ・・・

どんなときも自分を磨き続ける

今の自分の能力で、できることをこなしていくタイプの人たちってたくさんいる。それがダメってわけではないけど、少なくとも自分が出会ってきた凄い人たちって常に自分を磨く努力をしているし、自分もそうなっていきたいと思う。

どれだけ小さなことであっても、今に満足せずに努力を続けることが大事なんだなって。筋トレは続けてます。英語は・・・全然前に進んでません。仕事でも自分の幅を広げていかないと、成長なんてできない。

努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。

王 貞治

監督・・・厳しい・・・

やると決めたらちゃんとやる

口先だけの人間って多い。やると言ったらちゃんとやろう。言われた側はしっかり覚えてるから。都合よく忘れたりしないから。できないなら他の選択肢を考えるから早く言わないと。納期ぎりぎりになって、やっぱりできませんってほんとダメ。

言ったことを守る。小学生でも理解できることなのに、できない大人が多いって悲しい。仕事をしていたら約束を守りたくても守れないときは出てくる。ちゃんと言わないと。

約束を守る最上の方法は決して約束しないことだ。

ナポレオン

皇帝、それはちょっとずるい。

働くって大変だ

ビジネスの世界はすごく厳しい。今日もたくさんの大人たちが必死に働いてる。うまくいかないことばかりだし、辛いこともたくさんある。でもときどきうまくいくし、嬉しいときもある。その繰り返し。

自分らしく、楽しく仕事を続けていくためにも、身につけるべき知識や能力がたくさんあるんだな。無理せず頑張ろうじゃないですか。