すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

松屋のプレミアム牛めしがウマい!もう豚のエサだなんて言わせない

f:id:sukecom:20140816124613j:plain

数ある牛丼屋の中で、ぶっちぎりの不味さを誇っていた松屋の牛めし。どれだけ飲食店が無い街でも、松屋で牛めしは食べないと決めていた私。どうしても他に選択肢が無ければ、唯一マシなデミタマハンバーグ定食を食べます。

プレミアム牛めし発売に際して、ただの値上げだろ。という声が全国各地から止めどなく溢れ出ておりますが、一度くらいは食べてみようかと買ってきました。プレミアム旨辛ネギたま牛めし。

見せてもらおうか、松屋の本気とやらを。

意外とウマいし、付属の七味がいい仕事してる

f:id:sukecom:20140816124511j:plain

うむ。結構うまい。プレミアム牛めしの味をしっかりと味わうなら、トッピングの無い牛めしを食べるべきと思いますが、ネギと卵が乗っかっていることを差し引いても、悔しいくらいにうまい。

牛肉1枚1枚が大きくカットされていて、しっかりとした食べごたえがある。以前の松屋の牛めしで頻繁に目にした、肉なのかよくわからないグズグズの具が無い。これは大きな進化だ。

吉野家の牛丼とはベクトルの異なる味付けで、好みは分かれるところですが、プレミアム牛めしも悪くないぞ。そして付属の黒い七味がいい仕事をしている。辛さを主張するのではなく、香りで存在感をアピールしている。こいつはいい七味だ。

値上げに見合った商品になっていると思う

f:id:sukecom:20140816124636j:plain

これは値上げです。間違いなく値上げです。ただ値上げ自体は問題ではなく、値段に見合った味なのかどうかが大事。美味しければ600円だって700円だって払ってもいい。

私の感想としては、100円の値上げに意味はあるように思います。280円でクソまずい食事をするのであれば、380円払ってまともな食事をしたいのが人間としての本能ではないでしょうか。

「プレミアム牛めし」は、《これまでの旨さから、別次元の旨さ》を追求し、開発を重ねて誕生した牛めしです。チルド肉を使用し、チルド管理を徹底することにより牛肉本来の旨味と柔らかさを保ち、特製タレで煮立て仕上げました。

より味わい深くお楽しみ頂くために松屋特製黒胡麻焙煎七味を添えてご提供致します。同時に、当社の特徴である「みそ汁」もダシ感が強くなり改良されました。当社自信作の「プレミアム牛めし」を是非お召し上がりください。

プレミアム牛めし発売!|松屋フーズ

公式サイトにはこのように記載がありました。今回はテイクアウトだったので味噌汁は味わえなかったんですが、あの「茶色いだけのぬるま湯」で有名な松屋の味噌汁が一体どれだけまともになったのか、これはぜひチャレンジしてみたい。

お近くに松屋がある皆様は、プレミアム牛めし、一度お試しあれ。