すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

世界よこれがニコンの対応だ!D600が天に召されてD610となって帰ってきた

D600が天に召されてD610となって帰ってきた

(2016年10月4日更新)

出張から帰ってくると、ニコンから荷物が届いていました。先日、新宿のニコンサービスセンターへ預けたD600が戻ってきたようです。

サービスセンターのスタッフの方の話によると、1週間ほど工場が休みに入っているためボディが手元に戻るのは8月頭になりそう、とのことでしたが思いのほか早い帰還となりました。それでは開封してみようじゃないですか。

書類上の品名はD600だけど、届いたのはD610

D600が天に召されてD610となって帰ってきた

ででーん!と開封したら、そこにはD610の金色の箱が。書類上の品名にはD600となっていますが、これは間違いなくD610です。

先日、ヤマト運輸から「明日、荷物届けますよ」ってメールが届いていたんですが、

■品名:ニコンD600
■商品名:宅急便
■ご依頼主:カスタマーサポート部修理センタ 様

と書かれていて、またしてもD600のまま帰ってきたのかと、少々ドキドキしていたんです。

何度見てもD610!どこから見てもD610!

D600が天に召されてD610となって帰ってきた

手違いでD810やD4Sが入ってたりしないかなー・・・と薄い期待を胸に抱いていましたが、どこからどう見てもD610が届いたようです。

ダストの問題があったとはいえ、1年前に購入したカメラがサラピンの新機種で手元に戻ってくるというのは、なかなかすごい対応だと思います。見た目はほとんど一緒でも、じんわりと中身はバージョンアップしていますし。

液晶保護用のフィルターも入ってた

D600が天に召されてD610となって帰ってきた

D610のボディが届いただけではなく、液晶保護用のフィルターも同封されていました。自社商品ならともかく、ケンコーのフィルターを同封してくれるってのも素晴らしい対応だと思います。

ちなみにD600を預けたときに、「バッテリーや接眼目当てはD610でも同じ部品なので」と一部のパーツを持って帰っていました。サービスセンターのスタッフさんの粋な計らいです。

単純にボディが交換となっただけではなく、予備バッテリーが1つ増えたなんて素敵すぎる。「D600のストラップも持って帰りますか?」と言われたんですが、使い道がないのでやめておきました。

見た目はD600とクリソツなD610

D600が天に召されてD610となって帰ってきた

過剰ともいえる丁寧すぎる梱包からD610のボディを引っ張り出しました。見た目はD600とそっくりですね。数字の表記を消してしまえば、D600なのかD610なのか判別はつかないんじゃないかしら。

D600でも静音シャッターは搭載されていましたが、D610は静音での連射が可能になっています。試してみましたが、通常の連射よりは確かに静かですが、静まり返った場所だと結構気になるレベルの音は出ますね。連射速度もD600と比較するとちょっぴり早くなったみたい。

軽快なシャッター音は健在

D600が天に召されてD610となって帰ってきた

D600購入の決め手になったのが軽快なシャッター音だったんですが、D610でもそれは健在でした。バシャっと、シャッターを切っている感覚が手元からじんわり伝わってくるのが快感でございます。

マイクロフォーサーズのGX1も愛用していますが、シャッター音に関しては終わっているレベルのヌルさなので、D610の心地よいシャッター音が一層際立ちます。あぁシャッター切ってるだけで、ご飯2杯くらいイケそう・・・

余計な心配をせずにD610を使い倒せる喜び

D600が天に召されてD610となって帰ってきた

同封されていた書類にはこんな記載が。

告知内容の処置をさせていただきました。ご愛用のお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしましたこと深くお詫び申し上げます。

D600のシャッターユニットを交換しても、ダストが出てしまう場合は同等製品へ交換しますよって告知のことですね。

D600のダスト問題は散々言われていたにも関わらず、しれっとD610を発売したことや、海外で訴訟問題になってからD610への交換対応に応じるようになったことなど、ニコンの会社としての姿勢に対して思うところは多々あります。

ですが1人のユーザーとしては、無償でサラピンの新機種に交換してくれて、予備バッテリーも1つ増えて、これからはダストの問題を気にせずに写真を撮りまくれることを考えると、今回のニコンの対応には感謝しています。

特に新宿のサービスセンターのスタッフさんがすごく丁寧な方で、久しぶりに人の優しさに触れて、仕事でやつれきっていた私の心はじんわりとモイスチャー。これからはD600改めD610でぱしぱしと写真を楽しもうと思います。

こちらの記事もぜひご覧ください