すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

D600がシャッター基板部組の交換で工場から返ってきた

D600がシャッター基板部組の交換

(2016年10月4日更新)

修理に出していたD600がニコンの工場から返ってきました。

正確には金曜の夜に自宅の宅配BOXに届いていたのですが、しばらく出張に出ていて家に帰ってきたのが日曜の夜。疲れ切っていたこともあって、D600は放置したまま就寝。

そして仕事から帰ってきた今、ようやく落ち着いてD600と対面することができました。

初めてのシャッターユニット交換なので同等製品との交換は無し

D600がシャッター基板部組の交換

ローパスフィルターの清掃は何度かやってもらっていましたが、工場での修理は今回が初めて。噂の同等製品への交換を一切期待していなかったというと嘘になりますが、やっぱりそのまま返ってきました。

ニコンの公式アナウンスにもあったように、何度もシャッターユニットを交換して、それでもダストが出るようなら同等製品に交換するとのことだったので、ニコンの対応に問題があるわけではないんですけど。

送料を含めて無償にて点検・清掃および、シャッター、関連部品の交換などを実施させていただきます。これらの対応を複数回実施しましても、なお改善が見られない場合には、D600または同等製品への交換をさせていただきます。

ニコンデジタル一眼レフカメラ「D600」ご愛用のお客様へ | ニコンイメージング

過去に2回ほどシャッターユニットを交換されて、今回新品のD610に交換してもらった方もいらっしゃるようなので、どうせなら私のD600も新品のD610に交換してほしかった・・・と思ってしまうのが人間の性ってもんです。

設定が全てデフォルトになっているのがめんどくさい

D600がシャッター基板部組の交換

ストレスを感じたのは、ISOの上限設定などがすべてデフォルトの状態に戻っていたこと。写真でもわかりますが、視度調整がむちゃくちゃな値に設定されていて、今度はファインダーがぶっ壊れた!と勘違いして焦りました。。

ヴィネットコントロールをOFFにしたり、保存形式をRAWだけにしたり、ちょこちょこ設定しないといけないのでめんどくさいぞ!

厳重な梱包には感動

D600がシャッター基板部組の交換

ちなみにD600はこんな感じの厳重梱包で届いたようです。嫁が既に開封していたので、正確にどういう状態だったのかは知る由もないのですが、だいぶしっかりとした梱包だったようです。

この梱包材、捨てるときは全部穴をあけて捨てないとダメかな・・・引越しの時とかには役立ちそうですが、しばらくその予定もないしなぁ。

肝心のD600のダストはどうなった

室内の白い壁で絞りをf11以上に設定し、何度か試し撮りをしてみたのですが、今のところダストは出ていないですね。シャッターユニットを交換したのに、いきなりダストが大量に出ていたらネタとしては最高だったんですけど。

問題は、シャッター回数を重ねて行ったときにダストが出てしまうのかどうかです。

ダストの確認のためだけに、室内でひたすら連射しまくるのもめんどくさいので、しばらくは今まで通りD600を使い続けてみます。ダストが目立たないのが一番ですが、万が一、またしてもダストが目立つようになってきたら、すぐにシャッターユニットを交換してもらおう。

D600が返ってきたので、思いっきり写真撮りに行きたいぞー!

こちらの記事もぜひご覧ください