読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

春の奈良公園で鹿の写真ばかり撮ってきた

LUMIX GX1 LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 旅行

fawn

仕事で奈良に来ております。

お昼過ぎに仕事の区切りがついたので、ちょろっと奈良公園に足を運んでみました。天気もぽかぽかと気持ちよく、家族連れやカップル、外国人観光客もたくさん居て、とてもにぎやかな雰囲気。

あまり時間がなかったので、東大寺の大仏などには目もくれず、ひたすらに鹿の写真を撮ってきました。

当たり前のように鹿がいる

deer

奈良公園にはものすごく自然に鹿がいます。

道路のすぐ近くまで鹿が普通に歩いてくるので、この近辺で車を運転する人には怖いだろうなぁ。鹿の飛び出し注意の看板もあったので、車と接触してしまうこともあるのでしょう。

鹿せんべいはあげない

deer

奈良公園で鹿、とくると鹿せんべいが必須の装備品ですが、今日は左手に仕事カバン、右手にGX1と荷物が多かったので鹿せんべいは諦めました。

仕事カバンを地面に置いて鹿せんべいを買えばいいじゃないか、という意見は御尤もでございますが、あちらこちらに鹿のフンが点在しているため、仕事カバンを地面に置きたくないのですよ。

毎日使うカバンがウ○コ臭くなったら嫌じゃないですか。

子どもたちがハイテンション

deer

鹿せんべいを持った子どもたちが鹿に追いかけられて、ぎゃーぎゃーと超ハイテンションで騒いでいました。人様の子どもを勝手に撮影することはできないので、とにかく鹿ばかり撮り続ける私。

鹿が怖くて泣き出してしまう子どももいましたが、そんなのは一切シカトして、ひたすら鹿せんべいをむさぼる鹿の姿は、まさに野生動物。

鹿たちが本気で襲ってきたら、さすがの私も無傷ではいられないかもしれません。

外国人たちはもっとハイテンション

deer

子どもたち以上にハイテンションだったのが、外国人観光客の皆様。特に欧米系の方々はやけにテンションが高かったなぁ。アジア系の皆様は比較的落ち着いて、冷静に鹿と戯れていました。

欧米にも鹿っているよなぁ。こんな風に放牧?されているのが珍しいのかな。奈良公園の鹿は人間に慣れきってますしね。

まとめ 鹿以外にも奈良公園には魅力がたくさん

deer

鹿しか撮ってこなかった私ですが、奈良公園には東大寺の大仏や五重塔、若草山など、観光スポットが盛りだくさんです。かなり広い公園なので、一日中ぶらぶら歩きながら楽しめる場所ですね。

関西で育った人間からすると、小学校の遠足などで何度も来ている場所なので、少々新鮮味に欠けてしまうのですが、奈良と縁遠い人生を歩まれてきた方々には、一度は足を運んでみてほしい場所です。

近鉄奈良駅から徒歩5分程度で辿りつけるアクセスの良さも魅力の一つ。鹿に会いたい気分になったら、奈良公園へレッツゴーです。