すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

日の沈む大阪城公園で満開の桜を全力で味わってきた

大阪城公園で満開の桜

(2016年10月3日更新)

大阪城公園の桜が満開を迎えております。出張で大阪に来ておりまして、まだ仕事は片付いていなかったのですが、このチャンスを逃してなるものかと、無理やり区切りをつけて環状線で大阪城公園へ。

大阪に18年間住んでいた私ですが、大阪城をちゃんと見たのは今回が初めて。時間に余裕のない中での撮影でしたが、大阪城公園の桜を全力で味わってきました。

公園内はお花見で盛り上がる人がたくさん

大阪城公園で満開の桜

金曜日の夕方ということもあってか、でっかいブルーシートで場所取りをしている人もいれば、既にボトル何本か開けて出来上がっている人もいたりと、お花見を楽しまれている方がたくさん。

大阪城公園は場所によってはバーベキューができるとのことで、結構本格的なお花見をされているグループもありましたね。タコ焼きやベビーカステラの露店も出ていましたが、あまり盛り上がっていない様子…

強風の中の撮影は辛い

大阪城公園で満開の桜

今日はやたらと風が強く、桜が常にぶらんぶらんと動きまくってくださいまして、撮影がどうにもこうにも大変でした。こういう時は連射です。ひたすら連射です。

昨日は気温が高く、ユニクロのヒートテックを着て仕事に行ったことを後悔していた私。同じ失敗を繰り返してなるものかと、今日は夏用のエアリズムを着てきたんですが・・・寒いよ!

風も強いし、気温もどんどん下がるし、エアリズムはひんやりするしで、ここ数か月でトップクラスの過酷な撮影でした。

話せない英語

大阪城公園で満開の桜

日暮れ直前の時間帯でしたが、公園内はどこもかしこも人がたくさん。ウェディングドレスで撮影している人もいましたね。新婦さん、肩と背中をおっぴろげにして寒かっただろうなぁ。

異国の方々もたくさん訪れていたようで、「写真撮ってください(英語)」とお願いをされたのですが、アドリブのきかない私。「OK~!OK~!」としか答えられず、グローバルコミュニケーション力の低さを露呈する始末。

女子大生っぽい3人組にも「写真撮ってください(日本語)」とお願いされまして、ニヤつきを抑えるのに必死だったのは秘密です。

マイクロフォーサーズでも桜は撮れるよ

大阪城公園で満開の桜

今回もマイクロフォーサーズのGX1とLEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4の組み合わせでの撮影。仕事カバンに何とか入れていけるコンパクトさで、機動性抜群。本音を言うと、もうちょい小さいともっと嬉しい。

つい先日も東京で桜を撮影したばかりですが、なかなかいい塩梅で撮れますな。センサーサイズだけで見れば、フルサイズとマイクロフォーサーズには大きな差がありますが、レンズの底力を引き出せれば、何とか張り合えるかしら。

ただ、GX1の最小ISO感度であるISO160で撮影しても、等倍で見てみると細かいザラツキが目立つんですよね。これはレンズではなくボディ側の問題なのかなぁ。

桜ばかり撮りすぎの春

大阪城公園で満開の桜

このところ桜ばっかり撮影しております。

1年でこの時期しか撮れませんし、去年の自分よりも写真の腕が確実に上がっていることを実感できてすごく楽しいのです。来年、桜の季節を迎えたら、もっとうまく撮影できるようにこれからも努力を続けていかねばです。

京都の桜も撮りに行きたかったのですが、タイミングが合わず難しそう。来週も大阪に来るけど、桜のシーズンはもう終わってるだろうなぁ。

こちらの記事もぜひご覧ください