すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

ニコンがD600は欠陥品だと認めてしまった罪は重い

ニコンがD600は欠陥品だと認めてしまった

(2016年10月4日更新)

私の愛機、ニコンD600がセンサーに付着するダストの問題で一部界隈を賑わせております。アメリカの集団訴訟を発端に、中国で一気に炎上、国内ではどのような対応があるのか注視していたところ、ニコンから正式に発表がありました。

ニコンデジタル一眼レフカメラ「D600」ご愛用のお客様へ | ニコンイメージング

去年の秋にD600を購入し、マイクロフォーサーズのミラーレス一眼を使っていた私にとって、フルサイズセンサーの描写力は圧倒的で、本当に感動させられました。

私にとって初めてのニコン、初めてのフルサイズ一眼レフ、D600は大切な存在なのです。それだけに今回のニコンの対応には複雑な気持ちを抱いています。

センサーのダストの問題は発売直後から言われていたはずなのに

ニコンがD600は欠陥品だと認めてしまった

D600を購入して1か月も経たないときに、f/11まで絞って朝焼けを撮った時に出てきたメカニカルダスト。風景撮影で常用するf/11前後でダストが出てしまうのは大きな問題です。

価格.comのレビューや、その他サイトでもこの問題は大々的に取り上げられ、カメラを趣味とする人であれば、D600のダスト問題は誰もが知っていることだったと思います。

私もこれまで新宿のニコンサービスセンターに3度持って行き、センサーの掃除をしてもらいました。内1回は保証書を忘れたので、1000円支払いました。今は保証期間を過ぎていても無料でセンサークリーニングを対応してもらえますが。

対応が遅すぎやしませんかニコンさん

海外で訴訟が起きたから、今回の対応をひねり出した。

そうとしか見えない今回の対応。どうしてもっと早くからD600ユーザーへの対応をしなかったのでしょうか。D610を発売する前に、やるべきことが沢山あったんじゃないでしょうか。

今回一番残念に感じたのがこの一文。

ニコンは本件を重く受け止め、「D600」をご愛用のお客様に対しまして、引き続き、保証期間が過ぎても無償で、点検・清掃・シャッターおよび関連部品の交換などの対応を行っていますが、これらの対応を複数回実施しても、なお撮影した画像に黒い粒状の像が多く写りこむ現象が軽減されない場合には、「D600」または同等製品への交換をさせていただきます。

ニコンデジタル一眼レフカメラ「D600」に関するお知らせ

同等製品への交換ってなんですか。D610以外に同じような製品って無いじゃないですか。こんなことを公式に発表されたら、多くのD600ユーザーは無償でD610に交換できると思ってしまうじゃないですか。

メカニカルダストの問題はシャッターユニットの交換だけで済むはずなのに、同等製品への交換、と書かれたことにものすごく違和感を感じています。いっそのこと中途半端な対応はせずに、全部D610に交換してくれたらいいじゃないの。

D600は欠陥品だと正式に烙印を押されてしまった

当分新しいカメラを買う予定(お金)もないため、D600を売却することは考えていませんが、ニコンが公式に今回のような発表をしたことで、D600のカメラとしての価値は完全に落ちました。まぁ元々それほど高くはなかったんでしょうけど。

一ユーザーとして、所有欲に傷がついた気分です。私が持ってるこのカメラは欠陥品なんだな・・・って常に思いながらシャッターを切ることになってしまう。

大好きなカメラだっただけに、ニコンから公式にこのような発表がされてしまったのがすごく残念。小学校時代、片思いの相手が先生からいじめられているような、そんな気分に似ています。

なんで私の大切な存在を、そんな風に傷つけようとするのって・・・ちょっと違うか。

まとめ それでもニコンが好きだからD600を使い続ける

ニコンがD600は欠陥品だと認めてしまった

今回のニコンの対応にハートブレイクな私ではありますが、それでもD600は大好きなカメラなので、これからも使い続けます。お金さえあればDf買っちゃうんですけどね!つい先日35mm f/1.8G ED買ったばかりで、嫁にこっぴどく怒られたところですしね!

具体的な対応の内容等につきましては、現在検討を行っておりますので、再度ご案内をさせていただきます。 今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。

ニコンデジタル一眼レフカメラ「D600」ご愛用のお客様へ | ニコンイメージング

と今後の対応についての記載があったので、もうしばらく注視してみましょうか。具体的な対応内容が決まり次第、新宿のサービスセンターへ突撃です。

こちらの記事もぜひご覧ください