すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。娘二人の子育てにも奮闘中。

嫁に内緒で高い買い物をしたときに夫が取るべき行動

P1040542

嫁に内緒で一眼レフのレンズを購入しました。

税込で59,500円、我が家にとっては大きな金額です。ばれたらきっと怒られます。怒られるだけならまだマシで、下手すると泣かれるかもしれません。(これは辛い)最悪、実家に帰ってしまうかもしれません。(これはヤバい)

いずれにせよ、どげんかせんといかんこの状況。夫としてできること、やるべきこと、その選択肢を必死に考え抜いてみました。

その1 嫁に正直に謝罪、なんとか許してもらう

まずは正攻法から行きましょうか、正直に告白するパターンです。「事前に何も言わず、許可もとらず、こんなに高いものを買ってしまいました。申し訳ございません。」と素直に謝罪。

普通に謝っただけで、はたして許してもらえるのでしょうか。なぜこんなものを購入したのか、なぜ事前に許可を取らなかったのか、ガン詰めされそうな気配が漂ってまいりました。正攻法が通じないことはよくあることです。少し別の視点で考えてみます。

その2 仕事で必要だから購入したと説得する

こちらも正攻法に近いでしょうか。「このレンズは仕事でも使うものなので、今回購入に踏み切ったのです。事前に言わなくてごめんなさい。」と謝罪しつつ、購入の理由をこじつけます。

実際、仕事でも使う場面はあるのですが、「だったら会社経費で買えよ」と言われてしまうと、ぐうの音も出せなくなります。9:1でプライベートで使う機会の方が多いのが事実。

そもそも事前に言わなかった、という点をカバーできてない。このパターンはダメだ。

その3 宝くじがあたったことにする

「このあいだ買ったロト6で59,500円が当たりまして、新しいレンズを買ってしまいました。」と幸運にも宝くじがあたり、興奮のあまりレンズを買ってしまったことにするのはどうでしょう。

「宝くじがあたったのであれば仕方ないわね。」というセリフが返ってくれば万々歳ですが、「なんで1人で全額使ってんだこの野郎。」というセリフが返ってくることも十分考えられます。

このパターンもリスクが高いな・・・

その4 知人からもらったことにする

私が独断で購入したのではなく、もらったことにするのはどうだろう。友人がたくさんいて、プライベートがとても充実されている方であれば、このパターンはリスクが少なくて良さげに思えます。

私の場合、友人が少ないことに加え、カメラが好きな友人が一人もいないことを既に嫁に知られているということが問題です。

「そんなに高価なものもらっちゃって。何かお礼をしなくちゃね。」となってくると、色々としんどくなってくるので、このパターンも没。

その5 購入したことを永遠に隠し通す

安全パイだとこれでしょうか。

レンズが1つ増えていたところで、カメラに詳しくない嫁は気付かないんじゃないか・・・という仮説。常にカメラバッグに入れておいて、嫁の目に触れないようにしておけば、理論上は完璧です。

ただ、一つ屋根の下で生活を共にしている訳なので、これからずっと隠し続けるとなると結構大変です。中途半端なタイミングでばれてしまうのは危険な気もします。

これもなかなかリスキーだ。

その6 道端で拾ったことにする

小学生の頃、なけなしのお小遣いでドラゴンボールのカードダス(20円)を勝手に買った時であれば、このパターンは通用しそうな気がします。ただ、新品のレンズが落ちているなんて、あまりにもファンキーすぎる状況。

それに道端で拾ったものを当然のごとく自分の所有物にしてしまうって、この日本という国に生きる一社会人としてどうなの。むしろ交番に届けろって話だ。

これも没。

その7 同等のプレゼントを購入して機嫌を取る

謝る、隠す、拾う、という考えを捨てて、7つ目を考えてみます。

いっそのこと嫁にも同じくらいの金額でプレゼントを購入し、ご機嫌になっている隙に「実はこんなのも買っちゃってさ。てへ。」とさらりと説明するパターン。

嫁も欲しいものを手に入れて、私も欲しいものを購入して、二人ともwin-winなら怒られることも、泣かれることも、実家に帰られることも無いんじゃないか。

いや待て、これはこれで家計に大ダメージだ。

まとめ 男らしく謝って叱られて殴られるのがベストか

DSC_6147

・・・といろいろ考えてみましたが、今回の場合、100%夫である私に非があるわけなので、ここは男らしく正直に謝って、めためたに怒られて、ぼこぼこに殴られることで解決の道を探るのが良さそうです。

嫁に隠し事をしたり、しょうもない嘘をつくのはよくないことです。嫁に内緒で数万円もするレンズを購入するのはもっとよくないことです。

いやはや、結婚生活とはイバラの道でございますなぁ。