読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

猫だけじゃない!護国寺の建造物が壮大でカッコ良かった

P1030822

ぶっちゃけ猫にしか興味が無かったですし、猫を撮りたいがために護国寺に来たんですが、意外や意外、境内がすごく広くて建造物が壮大でかっこいい。

建物撮影の鉄板コンビ、GX1とLUMIX G 14mm/F2.5の組み合わせでぱしぱし撮ってきました。

護国寺は五代将軍徳川綱吉が建てたお寺

P1030817

たくさん猫フォトを撮れてほくほくしながら帰りの電車に乗り込み、暇つぶしにiPhoneでなんとなく調べていたんですが、護国寺って結構すごいお寺だったらしい。猫フォト目的で行ってしまって大変恐縮。

wikipediaによると、国の重要文化財としても指定されているようです。なんでも宮家のお墓もあるとかで、境内の東半分は皇族の墓地だそうですよ。どうりでやたらと大きいお墓が建っていたわけです。

お墓の撮影はさすがに遠慮しておきました。

木造建築には男のロマンを感じる

P1030827

お寺や古い建造物を見つけると、無性に写真を撮りたくなる私です。どんなところに惹かれるのかを改めて考えてみると、木造建築のメカメカしいところだと思うのです。

物理学とか建築学とか、そういうのはさっぱりわかりませんが、複雑に組まれた木々の一本一本が、さながら精密機械のように機能しているわけです。パッと見は普通のお寺でも、中身はすごい技術の結晶なのですよ。

古来から受け継がれ、磨き研ぎ澄まされてきた木造建築のテクノロジーが、ここにはあるんだなぁ・・・と思うと、壮大なロマンを感じませんか。

あ、そうでもないですか、失礼しました。

桜が咲くころにまた来たい

P1030824

冬のお寺や神社はどうしても寂しげな画になってしまいます。護国寺には枝垂桜もあるようですし、花々が生い茂る春から夏にかけて訪れると、いい画が撮れそうです。

池袋から2駅と交通費もそんなにかからず(結構切実)、駅から徒歩1分とアクセスも超便利で、猫もたくさん居るなんて、写真の練習には絶好のスポットじゃないですか。

まとめ 護国寺には大仏もいて写真の練習には最適

P1030826

ミニサイズな、といっても2メートルくらいはありましたが、大仏様もいらっしゃいました。仁王像やお地蔵様などもぱしぱし撮ってきたのですが、それは別記事にまとめたいと思います。

壮大な木造建築、数々の仏像、自由に生きる猫たち、春には桜も綺麗でしょう。早稲田大学の創設者である大隈重信のお墓もあるようで、何とも厳かなお寺ではあるのですが、写真の練習には最適なスポットだと思います。

しかし犬将軍として名を馳せた徳川綱吉が建てたお寺に、今では猫がたくさん住み着くなんて、なんとも洒落てますな。