読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すけこむブログ

カメラが好きな都内在住31歳男性の写真ブログ。ニコンD810を愛用。2歳児の子育てにも奮闘中。

海外の審査制写真投稿サイト1xで3枚の写真がPublishedされました

海外の審査制写真投稿サイト1xで3枚の写真がPublished

今年の目標の一つに掲げていた、海外の審査制写真投稿サイト「1x」での審査通過。年末に撮影させていただいたポートレートを数枚投稿してみたところ、いきなり3枚がPublished(審査通過)となりました。

単なるビギナーズラックなのかもしれませんが、新年早々届いた嬉しい知らせにテンションはアゲアゲ。今年は作風を変える!と考えていた自分にとって、1xの審査を通過できたことは大きな一歩になりました。

Only 5% of all photos uploaded to 1x are published.

海外の審査制写真投稿サイト1xで3枚の写真がPublished

1xから届いたメールによると、投稿された写真の5%しか審査を通過しないそうです。5%という数字が高いのか低いのかはよくわかりませんが…

3年くらい前に受けたTOEICで500点台を叩き出した私にとって、まず最初の壁となったのは、日本語が一つも書かれていない1xの使い方を理解すること。FAQのページはあったんですけど、まぁほとんど理解できません…(というか読む気にならない…)

publishedされるとコメントもばしばしもらえるのですが、「Sweet portrait, very fine light!」あたりは雰囲気で理解できますが、「Beautiful portrait and story, emotion work, composition.」とか書かれると、compositionって何だよ…とGoogle先生に助けを求めるハメに。構図という理解でいいの…?

1xの利用料は年間約8,500円

1xって昔は無料会員でも審査してもらえたはずなんですが、どうやら有料会員にならないと審査してもらえない仕様に変わったみたい。1年は投稿を続けようと考えていたので、月単位ではなく年間利用で申し込み。

その日のレートによって微妙に変動すると思いますが、クレジットカードへの請求は8,563円になっていました。利用料以上の価値を得られるように、今年は1xをフル活用しますぞ。

1xへコツコツ投稿を続けます

海外の審査制写真投稿サイト1xで3枚の写真がPublished

カメラ雑誌や国内のフォトコンテストへの投稿、写真の展示にも積極的に挑戦していきますが、海外の審査制サイトへの投稿もコツコツと続けてみます。1xで年内20枚以上の審査通過を目標に頑張ってみるのです。

1xを利用するなら多少は英語も勉強したほうがいいかな…と思ったりもしましたが、私の英語が上達するスピードよりも、科学技術が進歩するスピードのほうがきっと早い。Google翻訳機能のますますの進化を祈願いたします。

1xのポートフォリオはこちらからご覧になれます。よろしければご覧くださいませ。